トピックス

神田駅~100年前の階段を上る

銀座線神田駅に来ています。

 

CIMG3597.JPG神田駅は、JR中央、山手、京浜東北線へと乗り換えができ便利です。地下鉄の構内には、かつて地下鉄ストアがあり、地下商店街が有りました、今日では、表参道、池袋等エキチカとしてコンコースにオシャレなお店がたくさんオープンしていますが、当時は、きっと賑やかだったのでしょうが、今は工事用シートに覆われ改築中で、面影はありません。

 

6番出口から5分、松本家住宅主屋にやって来ました。

   CIMG3600.JPG     CIMG3599.JPG

 

国の有形文化財で、昭和6年、関東大震災後に建てられた復興住宅です。この辺りは、旧神田青果市場で、松本家も「伊勢長」という屋号で青果問屋をしていました。木造3階建で北側は窓が少なく、防火に配慮した造りになっています。

 

神田須田町の交差点に戻り、JR中央線の高架下に来ました。赤レンガの高架橋下に、旧万世橋駅の遺構があります。

   CIMG3603.JPG    CIMG3621.JPG

 

JR神田駅とお茶ノ水駅の間にあった万世橋駅は、1912年(明治45年)から1943年(昭和18年)まで利用されていました。

   CIMG3602.JPG    CIMG3618.JPG

                   関東大震災で焼失した駅と構内の様子

  CIMG3609.JPG  

  CIMG3606.JPG                             1912階段

 万世橋駅開業時、当時のままの階段です。コンクリート、レンガ、タイルで作られ、ペンキがはがれていますが、独特な匂いと冷とした雰囲気です。

 

 

CIMG3610.JPG   CIMG3604.JPG    CIMG3605.JPG  

                            1935階段

鉄道博物館がオープンした1935年に、別に入り口の階段が作られました。この博物館は現在、交通博物館として、大宮に2006年開館しています。

 

屋上、現プラットホームは、通路があり、線路との間に透明な屋ね囲いがあり、安全です。

   CIMG3608.JPG    CIMG3614.JPG

   CIMG3615.JPG    CIMG3616.JPG

 

 

更に、N3331というカフェが併設されています。一番奥の一角が、屋根なしのオープンスペースにテーブルが置かれ、電車のすぐ横でお茶している、何とも、電車好きにはたまらない立地です。 

CIMG3611.JPGのサムネール画像 

高架下のアーチ型レンガの中は、マーチエキュートというショッピング街になっています。 

CIMG3620.JPG 橋を渡ると、もう秋葉原電気街です。

 

マーチエキュート神田万世橋     www.maach-ecute.jp/

 

                                          担当は、T.Nでした。

 

 

 

 

 

 

 

六本木一丁目駅~坂の上のミュージアム

地下鉄南北線、六本木一丁目駅にやって来ました。

 

CIMG3640.JPG駅ビルに隣接する屋外エスカレーターで、高台に上ります。緑の広場、泉ガーデンがあります。その隣に泉屋博古館分館があります。

 

CIMG3622.JPG  CIMG3627.JPG    CIMG3623.JPG

 

泉屋博古館の本館は京都東山にあり、青銅器、書跡や絵画等を収蔵しています。2002年、関東にも鑑賞の便を高めるため、旧住友麻布別邸跡に開設されました。

訪れた時、「フランス絵画の贈り物~とっておいた名画」の特別展が開催中でした。写真撮影は出来ませんので、パンフレットでご覧ください。

 

CIMG3649.JPG                     クロード・モネ(パンフレットより)

 

CIMG3647.JPG

                            ジャン=ジャック・エンネル  / マルク・シャガール

                          (パンフレットより)

CIMG3648.JPG                         ポール・シニャック

                      (パンフレットより)

 

 

この近辺は高台になっていて、大使館や高級マンション、外資系オフィスなどが多くあります。スウェーデン大使館の前を通り、ホテルオークラ別館の横を抜け、智美術館に向かいました。

途中、大倉集古館があります。

   CIMG3629.JPG    CIMG3638.JPG

残念ですが、集古館は、昨年から休館していて大改装し、オープンは4年先くらいだそうです。そういえばホテルオークラ本館も建て直しで、高層ホテルに生まれ変わる予定ですね。

 

江戸見坂の途中、菊池寛実記念智美術館に来ました。

智美術館は、現代陶芸のコレクターである菊池智のコレクションを主とし、2003年開館しました。

   CIMG3631.JPG    CIMG3630.JPG

 

   CIMG3637.JPG    CIMG3632.JPG

     美術館がある近代的なビルの入り口         受付までの長いエントランス

   CIMG3633.JPG    CIMG3634.JPG

       地下の会場までに降りる美しい螺旋階段(手摺はガラス製で光っています)

 

「遠くて近い井上有一展」を開催していました。撮影不可ですの、パンフレットでご覧ください。

 

CIMG3645.JPG

CIMG3646.JPG                   交流のあった宮沢賢治詩五輪峠

                       (パンフレットより)

力強い独特な書き方に驚かされます。

近代的な美術館のとなりに大正時代に建てられた西洋館があります。中は見ることができませんでしたが、ステンドグラスや建具、室内装飾等、美しいそうです。

 

CIMG3635.JPG 

ホテルオークラの間を通り、霊南坂教会前を下り進むと、六本木通りに出ました。もう、そこは溜池山王駅でした。

 

CIMG3641.JPG 

 

泉屋博古館分館      www.sen-oku.or.jp

 菊池寛実記念智美術館  www.musee-tomo.or.jp

 

                                        担当は、T.Nでした。

 

 

 

押上駅~ゆうびんの世界にタイムスリップ

地下鉄浅草線、半蔵門線と私鉄が集まる押上駅にやって来ました。東銀座駅から15分です。

押上駅は東京スカイツリーの最寄駅です。

 

CIMG3423.JPG 

スカイツリータウン、ソラマチの9階に郵政博物館があります。

 

CIMG3424.JPGのサムネール画像のサムネール画像

CIMG3425.JPGのサムネール画像 

郵政博物館は、郵便や逓信の歴史と文化を展示、紹介しています。

 

CIMG3427.JPGのサムネール画像                                        日本郵便の父、前島密氏の像

 

CIMG3429.JPGのサムネール画像                                 館内に展示されている懐かしい丸型ポスト

 

CIMG3430.JPG                    明治の頃の郵便箱、集められた郵便を馬車に乗せている絵があります

 

 日本に現存する最古の自動販売機。俵屋高七氏が考案しました。

CIMG3431.JPGのサムネール画像                                             自動郵便切手葉書売下機

 

  CIMG3437.JPGのサムネール画像                                            当時の郵便局の窓口の再現

 

   CIMG3432.JPG    CIMG3436.JPG

                               時代とともに変ってきた制服、帽子、カバンなどの展示

 

街中には街灯が無かったため、輸送時の安全確保のため馬車には、ランタンが取り付けられました。また、夜遅い配達では家を確認するためランタンを表札に近づけて確認したそうです。

 

CIMG3434.JPG                                               郵便マークがついています

 

CIMG3433.JPG                     初めて見ましたが、なぜか懐かしい雰囲気のハガキの宣伝ポスター

 

ここまでは歴史を知る展示コーナーですが、この隣から切手を収蔵した引き出し型パネルがたくさん並んでいる切手コーナーがあります。なんと圧巻、約33万種の切手だそうです。ここだけ見るのに丸1日は必要です。写真が撮れないのですが、世界各国の切手が揃っており、こんなにもあるのかとため息が出ました。日本最大の収集だそうです。

 

 

郵政博物館     www.postalmuseum.jp/

 

 

                                                                                               担当はT.Nでした。

 

本所吾妻橋駅~渋谷から引越してきました

今日は、都営浅草線、本所吾妻橋駅に来ています。

 

CIMG3571.JPG上り方面の入り口からは大きくスカイツリーが見えます。

CIMG3579.JPG

 

駅から徒歩2分、ちいさな硝子の本の博物館にやって来ました。

   CIMG3575.JPG    CIMG3572.JPG

 

この博物館は、ガラスに関する本や資料が約800冊あり、閲覧ができます。予約すれば、ガラスにリューターで文字や絵を彫刻する体験もできます。

 

CIMG3573.JPG                      かわいい雰囲気の店内

 

CIMG3574.JPG                         可杯(ベクハイ)

ブルーのかわいい盃です。可杯の名の由来は、漢文で「可」という漢字は決して下に配置しない(置かない)そうで、飲干すまで下に置けないことを意味します。

ブルーが気に入ったので箸置きと一緒に購入しました。

 

駅に戻り、浅草通りを業平地区方面へ向かいました。途中、東京スカイツリーが大きく姿を現しました。

 

CIMG3580.JPG 

約10分で、たばこと塩の博物館に来ました。こちらの博物館は、4月下旬にオープンしたばかりです。。実は、2013年秋まで渋谷、公園通りにありました。もう20年以上前ですが、訪問したことがあります。横川に引っ越して再オープンしたのです。

5階建で2、3階が展示室になっています。

   CIMG3581.JPGのサムネール画像    CIMG3596.JPGのサムネール画像

 

CIMG3595.JPG                  入り口のシンボルモニュメントです。

この原型は、19世紀のはじめ、スェーデンのたばこ屋さんが看板として使用していたそうです。

 

2階は、特別展と塩の世界の展示場です。

 

CIMG3583.JPG                     渋谷時代の回顧企画展です。

 

CIMG3584.JPG                         らうやの荷車

らうやとは、羅宇屋と書き、ヤニで汚れたパイプやキセルを掃除する職業です。

もう一つの入り口は、塩の世界です。

 

CIMG3585.JPG                       聖キンガ像と塩資源

 

CIMG3586.JPG塩と科学の世界。サンプルを電子板に置くと、生産地、種類、結晶が見れます。

 

3階は、たばこに関する世界です。

入り口には、マヤ文明のバレンケ遺跡の模型が展示されています。

 

CIMG3587.JPG                          十字の神殿

 

CIMG3593.JPG                     たばこを吸う神のレリーフ

 

 

CIMG3588.JPG                     江戸時代のきざみたばこ屋

 

CIMG3594.JPG                         パイプのコレクション

 

CIMG3591.JPG              アリソン式両切紙巻機(元大蔵省専売局所有の実機)

 

街角にあった昭和のたばこ屋。看板娘は何処へ

CIMG3589.JPG 

 

CIMG3590.JPG                   なつかしいたばこの広告ポスター

たばこが、まだ今のように厳しい要求を受けなかった時代、昭和を代表する有名な俳優、三船敏郎氏、夏木陽介氏等が宣伝していました。

 

 

 たばこと塩の博物館        www.jti.co.jp/culture/museum/

ちいさな硝子の本の博物館    www.glassbook.shop-pro.jp/

 

 

 

                                          担当はT.Nでした。

 

 

 

京橋駅~書く文化を支えてきたものたち

銀座線京橋駅にきました。

 

CIMG3544.JPG

 

駅から1分のところに、ペンステーションミュージアムがあります。

 

CIMG3545.JPG  CIMG3547.JPG    CIMG3548.JPG

       ペン作りの機械と展示品              ペン先の大きなサンプル 

 

2階入り口右手に、大きな万年筆の展示品があります。

 

CIMG3546.JPG

 

更に奥には、蒔絵万年筆が展示されており、見事な美しさで魅了されます。 

 

CIMG3549.JPG

                      蒔絵万年筆のコレクション

1階には、カフェがあり、賑わっています。

CIMG3553.JPG

CIMG3550.JPG美味しいカフェオレとシナモンブレッドをいただきました。

 

京橋地区には、ミュージアムが他にもあります。以前、お散歩タイムで紹介していますので、今回は割愛しますが、次のようなミュージアムがあります。

 

CIMG2309.JPGのサムネール画像                            警察博物館

 

CIMG2316.JPG

                        ブリヂストン美術館

CIMG2311.JPG                      三菱一号館美術館 (丸ノ内)  

 

 

最近、再開発もあり高層ビルが立ち並ぶ京橋地区です。是非、ビルの谷間のミュージアムを訪ねてください。

 

ペンステーション&カフェ    www.pilot.co.jp/service/museum/

 

                                           担当はT.Nでした。

 

トリップアドバイザーエクセレンス認証

宿泊・プラン検索

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

FAQ(よくあるご質問)

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。