トピックス

銀座駅~お買い物ついでにギャラリー見学

銀座駅にやってきました。地下鉄日比谷線、銀座線そして丸の内線が集まっています。

CIMG4739.JPG
並木通りにあるノエビア銀座ギャラリーを訪ねました。この並木通りには、小さな画廊がたくさんあります。また、世界を代表するブランド店も数多くあります。
 CIMG4714.JPG    CIMG4712.JPG
ノエビア化粧品のギャラリーでは定期的に展示会が開かれています。 

CIMG4716.JPG
岩合光昭「津軽のねこ」の写真展が開催中です。青いりんごと戯れる猫の姿が愛らしく写されています。

花椿通りを左折して、資生堂ギャラリーに向かいました。
 CIMG4717.JPG    CIMG4726.JPG

CIMG4725.JPG             恒例の花椿展2016が開催中です。
今回、受付係の方に撮影許可をいただきました。
 CIMG4718.JPG    CIMG4723.JPG
          地下に下りていきます。広い空間のギャラリーです。

CIMG4724.JPG
                島地 保武 作 壁を移動する影を毛で捕える
この線のように見える黒いものはつけまつげなのです。

CIMG4722.JPG
                   青木 陵子作 ダンス

CIMG4719.JPGCIMG4721.JPG
                 内藤 礼 作 ひと2016 3人~15人

        地面に並んでいる小さな人形たち、こんな形をしています。

その他、独特な作風の赤瀬川原平氏の挿絵画がたくさん展示されています。

2つのギャラリーとも無料で鑑賞することができます。うれしいですね。向かいの資生堂ビルの裏の路地に小さな神社があります。
 CIMG4729.JPG    CIMG4728.JPG
豊岩稲荷神社です。「縁結びと防火の神」として祀られています。400年以上、この地に鎮座していますので、お参りしてご利益あること間違いありませんね。

さて、今、銀座で話題といえば、数寄屋橋に出来た東急プラザ銀座です。ステイ各店のスタッフブログで紹介れていますが、昼の屋上を、今回ご紹介します。

CIMG4730.JPG
  CIMG4734.JPG    CIMG4738.JPG
                        屋上の外壁に植樹された植物たち。鮮やかな緑のカーテンです。

CIMG4736.JPG
                                            高速道路八重洲線と東京方面

CIMG4737.JPGのサムネール画像
                                         屋上から見た数寄屋橋のスクランブル交差点

CIMG4735.JPGのサムネール画像
                            水の青とサイドに置かれた白いテーブルチェアの涼しげなテラス

オープンしたばかりで、大変な賑わいですが、もうしばらく経ってから、この屋上で、しばし、まどろみたい気分にかられました。
ここから、徒歩7分で、先月オープンした東急ステイ銀座店、15分で東急ステイ築地店まで歩くことができます。散歩に良い季節です。さっそくお出かけ下さい。


ノエビア銀座ギャラリー   www.noevir.jp

資生堂ギャラリー     www.shiseidogroup.jp

東急プラザ銀座      www.ginza.tokyu-plaza,com/

                                                                                                       担当はT.Nでした。
  

護国寺駅~上って下る坂の街

有楽町線新富町駅から18分、護国寺駅にやってきました。

CIMG4637.JPG

CIMG4638.JPG                    護国寺仁王門
護国寺は、江戸幕府の5代将軍、徳川綱吉が、母、桂昌院の祈願寺として、1681年に建立されました。

駅から10分、日本女子大学成瀬記念館を訪ねました。
 CIMG4641.JPG    CIMG4649.JPG

CIMG4640.JPG
記念館は、赤レンガのロマネスク調の外観で、館内も白壁、ステンドグラスがはめ込まれ、雰囲気をだしています。創始者成瀬仁蔵の建学の精神と女子教育に対する情熱を後世に継承するため、1984年、卒業生、有志によって造られました。
 CIMG4646.JPG    CIMG4647.JPG
 CIMG4644.JPG    CIMG4643.JPG
              明治時代の木造建築の講堂

女子大から徒歩3分、講談社野間記念館があります。
 CIMG4651.JPG    CIMG4652.JPG

CIMG4654.JPG
             館内の休憩室から見た手入れの行届いた庭

CIMG4704.JPG
         入場券の左側は、横山大観「千与四郎」が印刷されています。
訪問時、「村上豊展」が開かれていました。村上豊氏は、講談社の本の挿絵や新聞小説の挿絵等を描いた画家で、懐かしく、ユーモラスな作品が特長です。

CIMG4705.JPG
                     長屋の春

CIMG4709.JPG
                      群妓図

次回は、「近代日本の美人画展」を開催の予定です。

CIMG4710.JPG

記念館を後に、急勾配の坂を音羽まで下り、鳩山会館を訪ねました。
 CIMG4662.JPG    CIMG4655.JPG

CIMG4664.JPG
1924年、元総理大臣で政治家であった鳩山一郎氏によって建てられた洋館です。

 CIMG4656.JPG    CIMG4657.JPG
       第一応接間                      英国風サンルーム

CIMG4659.JPG
                           大広間

CIMG4658.JPG
    階段の踊り場に飾られたステンドグラス。象徴でもあるハトが描かれています。

閑静な住宅街の坂道を上り下りし、体によい散歩でした。


成瀬記念館           www.jwu.jp

講談社野間記念館 www.nomakinennkan.kodansha.co.jp

鳩山会館              www.hatoyamakaikan.com

                               担当はT.Nでした。

北千住駅~華やかなイスパノ・モレスク陶器

日比谷線築地駅から22分、北千住駅にやって来ました。

 

CIMG4511.JPG  CIMG4509.JPG    CIMG4510.JPG

 

北千住駅は、地下鉄日比谷線、千代田線、JR線、東武線、つくばエクスプレスが集まる大きな駅です。

駅から徒歩20分、旧日光街道を南下し、石洞美術館を訪ねました。

  

CIMG4498.JPG    CIMG4500.JPG

 

 

CIMG4521.JPG                         (パンフレットより)

 

石洞美術館は銅板葺きおろしの屋根とレンガタイル貼りの平面六角形のユニークな建物です。

 

CIMG4518.JPG美術館は、千住金属工業㈱の元社長であった故佐藤千壽氏が、若い頃より蒐集した焼物、器、茶の湯釜、仏像等、多岐にわたるコレクションで構成されています。石洞とは、佐藤氏の雅号からつけられたそうです。展示場内は、撮影禁止ですのでパンフレットよりご覧ください。館内はグレーと黒を基調としシックで落ち着いた雰囲気になっています。

 

 

CIMG4522.JPG                         (パンフレットより)

 

訪問時、スペイン陶器展が開かれていました。8世紀から15世紀まで、イスラム勢力に統治されたスペイン南部。居残った陶工たちが、イスラーム陶器の技法を継承し、金属の錫釉薬で焼いた陶器に金属の酸化物で文様を描いたラスター彩陶器を作りました。イスパノ・モレスク陶器です。(残念ですが、この企画展は4月3日で終了しています。)

 

CIMG4514.JPG                   見事なラスター彩獅子文大皿(16世紀)

 

 

CIMG4531.JPG                     ラスター彩草花文大皿と壺

 

 

CIMG4526.JPG              ラスター彩鳥文大皿と緑彩パルメット文皿と魚文深鉢

 

 

美術館から徒歩1分のところに隅田川に架かる千住大橋があります。

CIMG4505.JPGここに、隅田川を渡り、奥の細道へ旅立つ芭蕉矢立初めの碑があります。

 

  

CIMG4504.JPG    CIMG4506.JPG

 

また、足立市場の傍には、生誕360年を記念して、有志により芭蕉像が建てられました。そして、芭蕉は、弟子たちと別れを『行く春や鳥啼き魚の目に泪』と詠んでいます。

 

石洞美術館は北千住駅から徒歩20分と少し遠いですが、北千住駅から、はるかぜ5号のコミュニティバスが出ています。京成線千住大橋まで行きますので、ご利用をおすすめします。

なお、石洞美術館は、現在、次の展示会準備のため閉館しています。4月29日から、「伝統工芸日本金工展」が開かれる予定です。

CIMG4513.JPG

 

                          はるかぜ5号

 

石洞美術館    住所 〒120-0038 東京都足立区千住橋戸町23

         電話 03-3888-7520 

                                                                      担当はT.Nでした。

 

 

 

 

中目黒駅~ひと足早いお花見を

日比谷線築地駅から20分、南の終点駅、中目黒にやってきました。中目黒駅は、東急東横線も通る人気ある便利な駅です。

CIMG4555.JPG

駅から徒歩3分、郷さくら美術を訪ねました。
 CIMG4556.JPG    CIMG4557.JPG

こちらの美術館では、これからの活躍が期待される若き日本画家に、「桜」という難しいモチーフに取り組んだ個性豊かな作品を展示した「第4回桜花賞展」が開催中です。

CIMG4573.JPG

桜花賞大賞に輝いた作品です。館内は撮影禁止ですので、玄関のポスターから撮影しました。

CIMG4558.JPGのサムネール画像
             『湖水の春』  河本万里子作

館内は、桜の花、一色となって艶やかな時々匂うお香が和の雰囲気をさらに盛り上げています。

郷さくら美術館は、場所が目黒川の近くにあり、目黒川といえば都内の春のお花見スポットして有名です。そのため、季節以外でも、満開の桜が楽しめるように、常設展もあります。
私が気になった2作品を紹介します。ポストカードより撮影しています。
  




CIMG4569.JPG

             『春宵瀧桜』 栗原幸彦 作品

描かれているのは、福島県三春町の瀧桜です、作者が訪れた時、たまたまテレビの撮影があって、照明が桜に当たり、昼には見ることが出来ない桜の見事さが映し出され、荘厳な作品に描かれています。



CIMG4571.JPG
             『さくら川』 伊達 良 作品

美術館近くの目黒川の桜を描いています。水面の淡い輝きと、負い重なるような桜の連なりが見事に表現されています。


まもなく3月も終わり、本当の桜の満開の様子も。美術館でなくとも見ることが出来ますね。



郷さくら美術館   www.satosakura.jp


                              担当はT.Nでした。


人形町駅~下町情緒と老舗が残っています

日比谷線築地駅から6分、人形町駅にやって来ました。

CIMG4389.JPG人形町の名は、昔、歌舞伎小屋や浄瑠璃人形芝居に関した人々が多く住んでおり、通り名で呼ばれていて、昭和に入って人形町という地名になりました。

 

  

CIMG4390.JPG    CIMG4394.JPG

 

                   通りに建つからくり櫓が有名

通りの中央に風情ある横丁があります。

  

CIMG4391.JPG    CIMG4393.JPG

 

甘酒横丁です、地下鉄の出入り口から浜町の明治座までの400mの商店街です。写真の右手の玉英堂さんの場所に、昔、尾張屋という甘酒屋があり、お使い等で近くに行くとき、「甘酒屋の横から入って・・・」とよく目印にされ、この名がついたと言われています。

 

横丁を過ぎると水天宮が見えてきます。

CIMG4397.JPG現在、新社殿への工事中で、4月上旬にお披露目といわれています。仮宮は日本橋浜町の明治座近くに仮遷座中です。

 

 

徒歩8分、ミュゼ・浜口陽三・ヤマサコレクションを訪ねました。

  

CIMG4401.JPG    CIMG4398.JPG

 

浜口陽三氏は、創業360年の由緒あるヤマサ醤油第10代目社長、浜口儀兵衛氏の三男で、銅版画でカラーメソチントという独特の技法を開拓した画家です。永く海外に住み、帰国して多くの作品を持ち帰りました。1998年、彼のコレクションを展示するため、ヤマサ醤油㈱が開設し運営しています。

私もカラーメソチントがよくわかりませんでした。黒い版画に色を付けたもので、わずかな色の違いが単色の中に見えてきます。館内は撮影禁止ですので、ポストカードや案内状で作品をご覧ください。

 

CIMG4406.JPG                     ポストカード「黒いさくらんぼ」

 

 

CIMG4416.JPG                       案内状「朱色の蝶」

 

 

CIMG4414.JPGのサムネール画像              入場チケットです。描かれた作品名は「西瓜」です

 

 

CIMG4415.JPGのサムネール画像           展示会のパンフレットです。右の作品は「14のさくらんぼ」です

 

 

入口の小さなカフェが併設されています。 

CIMG4399.JPG鑑賞後、カフェコーナーでセットメニューのコーヒーを頂きました。

 

CIMG4400.JPGアイスクリームのバニラは、ヤマサの醤油が練り込まれ、カラメル味がしました。黒いのはゴマ風味です。

 

 

 

ミュゼの斜め前は、TCAT(東京シティエアーターミナル)です。

CIMG4402.JPG

 

CIMG4403.JPG平日の午後ですが、3階の広い出発ターミナルの待合いは、閑散としています。かつて連なり並んでいた航空会社のチェックインカウンターがあった1階は、広い家具店になっています。

 

 

CIMG4404.JPGTCATの地下には、地下鉄半蔵門線水天宮駅が直結しています。

 

CIMG4395.JPGTCATは成田空港を利用される外国からのお客様にもよくご案内するターミナルでホテルからタクシーで10分、13~1400円です。かつての賑わいはありませんが、バスも予約することなく、10分間隔で乗車できるのでお勧めしています。

 

 

ミュゼ・浜口陽三・ヤマサコレクション  www.yamasa.com/musee/



3月7日より東銀座から築地に店名も変わりました。引き続きどうぞ宜しくお願いします。

                                          

                                            担当は、T.Nでした。

トリップアドバイザーエクセレンス認証

宿泊・プラン検索

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

FAQ(よくあるご質問)

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。