トピックス

四谷三丁目駅~懐かしい学び舎にあふれるおもちゃたち

築地駅から銀座で、丸ノ内線に乗り換え、四谷三丁目駅にきています。約18分です。
 

CIMG4172.JPG駅上の交差点横にある四谷消防署の隣に、消防博物館があります。内容については8月6日付の東急ステイ水道橋のブログに詳細に紹介されていますので、ここでは省略します。
四谷消防署から外苑東通りを北へ5分、釣り文化資料を訪ねました。
 
   CIMG4182.JPG     CIMG4173.JPG

こちらの資料館は、㈱週刊釣りニュース社が展示している資料館で無料で見学できます。初代館長の船津重人氏が自ら収集してきた竿、魚籠、書籍を中心に、多くの釣り愛好家の寄贈品が展示されています。
 
   CIMG4175.JPG    CIMG4176.JPG
 
 
CIMG4177.JPG                           漁具、八目筒
 
 
CIMG4178.JPG                          リール各種
 
 
CIMG4179.JPG                            魚籠
 
 
CIMG4180.JPG 
釣る魚の種類に合わせて目的別に作られている海水用、淡水用等の名人作の江戸和竿がたくさん展示されています。次第になくなりつつある文化がここには息づいていました。
 
 
一旦、新宿通りに戻り、東京おもちゃ美術を訪ねました。
   CIMG4183.JPG    CIMG4184.JPG
 
東京おもちゃ美術館は、昭和16年に建設された旧四谷第四小学校の校舎が8年前に廃校となり、7年前に有志によっておもちゃのミュージアムとして開館されました。1階から3階の校舎の各教室を使用してテーマに合わせた展示をしています。少子化に伴い全国規模で、小学校の廃校は耳にしますが、大都市東京でも現実に起こっていました。
 
CIMG4185.JPGのサムネール画像
 気になった作家の作品です。企画展「2015木のおもちゃ20作家展」より
 
CIMG4186.JPG                      ひっつき虫(藤原浩司 作)
 
CIMG4188.JPG                      流木のおもちゃ(神岡 学 作)
 
CIMG4190.JPG                       ブリキのサンタクロース号
 
   CIMG4192.JPG    CIMG4193.JPG
          おもちゃのまち あか                 おもちゃのまち きいろ 
 
CIMG4194.JPG                    グッドトイ選定玩具の展示品 
 
 
旧小学校の学び舎が、未だ年端もいかない小さな子供たちやお母さん達のふれあいの場、憩の場として喜ばれ、楽しむ空間になっていることは、どこか懐かしい小学校への思い、郷愁を感じてさせているのではないでしょうか。
四谷三丁目駅は、東急ステイ四谷東急ステイ新宿からも大変アクセスしやすくなっています。東銀座同様、宜しくお願いします。 
 
   

  東京おもちゃ美術館    www.goodtoy.org/ttm/
 
 
                                          担当は、T.Nでした。

中井駅~作家に安らぎを与えた家

地下鉄大江戸線で築地市場から約32分、中井駅に来ています。

 

CIMG4118.JPGのサムネール画像徒歩7分、林芙美子記念館を訪ねました。

 

  

CIMG4131.JPG    CIMG4122.JPG

 

 

林芙美子氏は、「放浪記」、「浮雲」などの代表作知られる作家です。この記念館は、芙美子氏が昭和16年から昭和26年まで住んでいた家です。

 

CIMG4123.JPG 

 

当時の建坪制限から、生活棟とアトリエ棟をそれぞれに建て、その後つないだものです。建築家、大工と京都に行き、民家を見たり、木材の勉強をするなど思い入れが強く、数寄屋造りと民家風な雰囲気を持つ落ち着きのある家になっています。

 

CIMG4128.JPG                             客間

 

 

CIMG4127.JPG                             居間

 

 

CIMG4126.JPG                    四季折々の草花が楽しめる庭

 

 

夫の縁敏氏のために建てたアトリエは、芙美子氏の生い立ちや彼女を紹介するコーナーになっています。

 

CIMG4125.JPG 

 

 

CIMG4124.JPG 

 

60年前の武蔵野、落合の地に家を建て、かつての多くの苦労を取り戻すかのように、安らぎのあるこの家は、美芙子氏の終の棲家となりました。

 

 

林芙美子記念館:   www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/

 

 

                                          担当はT.Nでした。

東大島駅~江戸百景図に描かれた川

地下鉄築地市場駅から森下駅乗り換えで東大島駅にやってきました。

 

 

CIMG4100.JPG 

 

駅から徒歩5分、中川船番所資料館を訪ねました。

 

 

CIMG4102.JPG資料館は、3階建てで郷土の歴史と文化の紹介と中川船番所の当時の様子を再現しています。

 

 

 

CIMG4104.JPG

 

 

CIMG4103.JPG                      再現されたジオラマ

 

 

中川船番所は、1661年、小名木川の隅田川口にあった幕府の「深川口人改之御番所」が移転したものです。番所は、中川、小名木川、そして行徳へとつながる船堀川が交差する地で河川を通じた江戸と関東を結ぶ重要な場所でした。

 

 

CIMG4106.JPG

 

 

CIMG4107.JPG                 歌川広重画「名所江戸百景 中川口」

 

 

 

CIMG4108.JPG                    資料館の前の現在の旧中川

 

 

面影はすっかり変わっていますが、館内で見たジオラマが、ふとタイムスリップさせてくれます。

 

中川船番所資料館:   www.kcf.or.jp/nakagawa/

 

                                           担当はT.Nでした。

 

 

乃木坂駅~喧騒から離れた静かな佇まい

千代田線、乃木坂駅に来ています。

 

CIMG4088.JPG 

駅から徒歩1分、TOTOギャラリー間(ま)を訪ねました。

   CIMG4080.JPG    CIMG4081.JPG

ギャラリー間は、TOTO㈱が運営している建築、デザイン専門のギャラリーです。

訪ねたときは、台湾のアーキテクトの作品、展示会が開かれていました。

   CIMG4085.JPG    CIMG4084.JPG

                      建築模型と実際の建物

CIMG4087.JPG

CIMG4086.JPG 

次回の展示会のパンフレットです。

CIMG4098.JPG

 

乃木坂と言えば、明治時代に活躍された軍人、乃木希典氏の旧住居や神社があります。

   CIMG4091.JPG    CIMG4092.JPG

 

住居は質素な木造作りで、馬小屋はレンガ作りになっています。馬を大切にし愛した乃木氏の人柄がわかるようです。隣の乃木神社に参拝しました。なお、住居や馬小屋は、改装中につき、しばらく見学は出来ません

 

CIMG4093.JPG                             余談ですが、大学の友人の結婚式以来の訪問です。

 

乃木坂駅は、以前、六本木駅で紹介しました国立新美術館が駅直結になっています。

 

CIMG4094.JPG

CIMG4099.JPG                                        ニキ・ド・サンファル展が開催中です

 

 

TOTOギャラリー間   :www.toto.co.jp/gallerma/

国立新美術館     :www.nact.jp/

 

 

                                            担当はT.Nでした。

 

明治神宮前駅~都心に拡がる武蔵野の森

今日は、日比谷で乗り換え、千代田線の明治神宮前駅に来ています。

  CIMG4063.JPG明治神宮前駅は、副都心線他、JR原宿駅とも隣接しているため、多くの人、観光客で賑わっています。駅から徒歩3分、太田記念美術館にやって来ました。

  CIMG4078.JPG CIMG4078.JPG    CIMG4059.JPG

 

太田記念美術館は浮世絵専門の美術館です。館内は撮影禁止です。

 

CIMG4095.JPG                  葛飾北斎「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

 

錦絵誕生250年を記念して企画展が開かれていました。絵師の他、彫師、摺師の技が見事、発揮された作品がたくさんありました。

 

CIMG4096.JPG展示会のパンフレットです。 

CIMG4097.JPG 

 

次に、明治神宮を訪ねました。

CIMG4064.JPG

大鳥居を進み、約2分、文化館の2階に宝物展示室があります。

   CIMG4069.JPG    CIMG4065.JPG

 

   CIMG4066.JPG    CIMG4067.JPG

                     掛け軸や正装の装束を展示 

 

玉じゃりの道を進み、本殿に向かいました。

   CIMG4070.JPG    CIMG4071.JPG

 

  CIMG4072.JPG                            本殿   

しばし、今日の健康に感謝して・・・参拝しました。

北側の宝物殿を訪ねました。途中の北池ののどかな眺めに癒されました。

 

CIMG4075.JPG   CIMG4073.JPG    CIMG4074.JPG

                                        正倉院風です。

開館は、土、日のみ となっています。

 

この広大な森が、かつて広い荒野原から、人の手によって造られた人工林であるとは想像できません。時の成せる業と実感です。

北門を出て4分程で副都心線北参道駅に出ました。

CIMG4077.JPG一駅歩きました。神宮の大きさにあらためて驚きです。

 

太田記念美術館:www.ukiyoe-ota-muse.jp/

明治神宮    :www.meijijinngu.or.jp/

 

                                            担当はT.Nでした。


 

トリップアドバイザーエクセレンス認証

宿泊・プラン検索

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

FAQ(よくあるご質問)

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。