MENU

アクセス

tel:0577-36-1109

MENU

BLOG
公式ブログ

  • 2020.10.29

    館内で飛騨地方の伝統工芸を紹介しています

    みなさんこんにちは。東急ステイ飛騨高山~結の湯~スタッフY.Oです。

    さて、すでにご宿泊頂きましたお客様はご存じかもしれませんが、

    当ホテル各階にはギャラリースペースがあり、飛騨地方の伝統工芸を

    紹介しております。

    3階:飛騨木工

    曲げ木の独特の高い技術に、天然木の風合いや温もりを活かした、飛騨地方の代表的な木工です。

    _RT_6658_tone.jpg

    4階:飛騨牛革

    岐阜の綺麗な空気と水で育てられた、肉質もさることながら皮も滑らかで

    上質な皮です。

    _RT_6669_tone.jpg

    5階:飛騨さしこ

    昔の方々が、自分の衣類に好きな模様や図案を白糸で縫い付けて用いていたのが始まりで、それが美しいデザインが施された〈刺し子〉という伝統芸術となりました。

    _RT_6687_tone.jpg

    6階:飛騨春慶

    江戸自体初期から伝わる、自然のままの木目を生かした漆器です。

    _RT_6716_tone.jpg

    7階:渋草焼

    江戸末期から続いている手造り、手描きの焼き物(陶器、磁器)です。

    _RT_6739_tone.jpg

    8階:山中(さんちゅう)和紙

    鎌倉時代初期から飛騨紙の産地の中で、一番山の中で生産されたことから

    名づけられたもので、現在はごくごく限られた職人さんが

    その技術を継承しています。

    _RT_6759_tone.jpg


    ギャラリースペース以外にも、ホテル内にこれらの伝統工芸が

    ふんだんに取り入れられていますので、探してみてはいかがでしょうか?

    東急ステイ飛騨高山~結の湯~でのひと時を、どうぞお楽しみください。

月別アーカイブ