公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  皆の健康:世田谷246ハーフマラソン

2016.1116

皆の健康:世田谷246ハーフマラソン

 皆様、こんにちは。

 14日のスーパームーンはいかがでしたか?天文上のイベントって、ワクワクしますよね。

 残念ながら、東急ステイ用賀店のある世田谷では、その時間に向かって雨でしたので、見ることができませんでした。

 15日の今晩は、一日遅れで、見ることができそうですが、なんか興奮度が違います。

 さて、こちらの月はフルムーンでしたが、今日は世田谷のハーフの話です。

 ①世田谷246ハーフマラソン

 11月13日は、本当に素敵な秋晴れでした。その日、世田谷では、毎年恒例になっている、ハーフマラソンが行われました。人気の大会だそうで、県外からの参加の方々もたくさんいらっしゃいました。もちろん、この用賀店にも何組か滞在していただきました。ありがとうございました。

 この大会の話題は、まずは、いままで何回か取り上げてきました、箱根駅伝に関係してます。

 最近、好成績を残している、青山大学の陸上のメンバーが、箱根駅伝の校内の出場選考を兼ねて参加するのです。市民ランナーにとっては、有名な選手といっしょに走れるチャンスです。

 もちろん、近隣の他の大学からも、駒澤大学、東京農業大学、日本大学と参加していまして、タイムを見ますと、上位はほとんどこれらの大学の選手で占められていました。それでも、市民ランナーにとっては、負けたという事よりも、彼らの走りを隣で肌で感じられたことがうれしいが、先だったことでしょう。

 ②マラソンのコース

 246と名前がついていますので、もちろん国道246号を走る事になります。246を遠慮なく走れるのは快感だそうですが、実際には、246以外の世田谷の町の中のコースがほとんどです。

 世田谷の町、とくに二子玉川は狭い道が残っているので、走りづらいのではないでしょうか。瀬田からは、多摩川に向かってかなりの急坂で下っていきますし、当然、目黒通りは、かなりの上り坂です。多摩川に沿って走る部分は、砂利道があったりしますので、足をとられることもありそうです。

 タイムもかなりきつく設定されているようで、何箇所かの関門で、アウトをとられて、バスなどで送還、という事らしいです。

 ③運動と健康

 私、マラソンは苦手でした。学校での、1500メートルの測定は、本当にいやでした。

 それでも、あるとき、この世田谷マラソンの5キロコースに参加しようとして、練習を始めたことがあります。

 トレーニングセンターのマシンで、コツコツと練習して、なんとか5キロまでは走れましたが、ちょっと体調が悪いと、すぐに嫌な汗がでてきて、なかなか思うようにはなりませんでした。

 結局、5キロ走は、夢のままに終わり、参加は出来ませんでした。

 でも、走る事によって、自分の体がどんな状態なのか、これから、どの様に鍛えていけば良いのか、少し分かったようです。日常の基本的な生活を大事に、同じリズムで繰り返し生活していくことが、健康には、一番いいのかなと思い至りました。

 そのおかげでしょうか、この年になっても、元気に、皆様をホテルにお迎えできています。

〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-4-1
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-5716-1099

お問い合わせ・ご予約は
03-5716-1090

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-5716-1090