公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  要町駅~ミステリー小説がいっぱい

2017.0430

要町駅~ミステリー小説がいっぱい

有楽町線新富町駅から25分、要町駅にやって来ました。


CIMG5927.JPG

駅から西へ8分、熊谷守一美術館を訪ねました。

 CIMG5926.JPG    CIMG5925.JPG

熊谷守一氏は、人物や風景画を多く描いています。晩年の作品には、同心円を重ねたような一見、抽象画風ですが、具象画を突きつめて行った結果、生まれた作品を多く描いています。

守一氏が、亡くなるまで45年間住んだこの地に、1985年、次女の榧さんが私設として作り、2007年、豊島区に作品を135点寄贈し、区立美術館となりました。


CIMG5918.JPG

美術館入り口にある「ねむるもり」の像


CIMG5923.JPG

1階にはカフェがあり、関連図書や榧さんの作品が展示されています。

館内は3階建てて、展示室、ギャラリーになっています。展示室は撮影禁止です。


CIMG5943.JPG


CIMG5922.JPG

熊谷守一氏の写真(廊下のポスターより)


CIMG5938.JPG

どろ人形(ポストカードより)


CIMG5942.JPG

アゲハ(パンフレットより)

フシグロセンオウの花にとまるアゲハ蝶を描いた絶筆です


CIMG5940.JPG

次回、展示会の案内。他美術館より油絵13点を借り、展示します。

次に、駅から東に3分、ミステリー文学資料館に立ち寄りました。

 CIMG5928.JPG    CIMG5944.JPG

ミステリー文学資料館は、世界的にも珍しく、専門館としては、パリにミステリー専門図書館があるだけです。1999年、光文社の文化財団によって運営されています。


CIMG5931.JPGずらりと並ぶミステリー小説の書棚

 CIMG5934.JPG    CIMG5935.JPG

江戸川乱歩、松本清張の全集


CIMG5936.JPG

ミステリ小説の文庫版、カッパノベルズのコーナー

第20回ミステリー文学賞を受賞した佐々木譲氏の写真展が開かれていました。


CIMG5937.JPG


CIMG5933.JPG

過去に受賞をした、名だたる作家達のパネル


CIMG5932.JPG

この資料館は、300円で誰でも利用できます。備え付けのテーブルで閲覧するスタイルです。定員10名で、本の館外への持ち出しは出来ません。過去に読み逃したミステリー作品をぜひ一度、耽読されてはいかがですか。

豊島区立熊谷守一美術館  www.kumagai-morikazu.jp/

ミステリー文学資料館    www.mys-bun.or.jp/

                                          担当は、T.Nでした。

〒104-0045 東京都中央区築地4-11-5
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-5551-1090

お問い合わせ・ご予約は
03-5551-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-5551-0109