公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  大手町駅~江戸幕府の権勢を垣間みる

2017.0326

大手町駅~江戸幕府の権勢を垣間みる

築地駅から茅場町駅で東西線に乗り換え、約11分、大手町駅に来ています。


CIMG5850.JPG

大手門入り口より、皇居東御苑を訪ねました。


CIMG5851.JPG

途中、宮内庁三の丸尚蔵館に立ち寄りました。


CIMG5852.JPG

訪問時、「寿きの品々を読み解く」と題し展示会が開かれていました。撮影禁止ですのでパンフレットでご紹介します。


CIMG5889.JPG


CIMG5888.JPG蓬莱山 横山大観作(昭和3年)


CIMG5886.JPG

刺繍神宮之図屏風 大野正平他作(大正13年)

 CIMG5885.JPG     CIMG5887.JPG

寿老人置物 三輪休雪(10代)作(昭和3年)      瓦片鳩 山田宗美作(明治33年

会場の大きさから比べると、小さな展示会です。不定期で皇室に縁の品々を展示しているとの事で、いつも入館できるとは限りません。

次回の予定は未定との事でした。

緩やかな坂道を登り、皇居東御苑を散策します。

 CIMG5854.JPG     CIMG5856.JPG

         同心番所                  百人番所

同心が詰めて登城する各大名の供の警護に当たっていた番所

汐見坂を上り、天主台跡に向かいました。

この汐見坂の石垣をはじめ、垣群は、見事な造りで往時の徳川氏の繁栄がしのばれます。


CIMG5865.JPG

 CIMG5858.JPG  CIMG5860.JPG

規模の大きかった寛永度天主は、高さ58メートルあったといわれています。実際に江戸時代、この天主の消失後は再建されず、江戸時代の210年間なかったそうです。


CIMG5859.JPG

手前には大きな本丸跡が芝生になっており、寛ぐ姿が見られました。今は茶色ですが、あと2ヶ月もするときれいな緑の芝になるのでしょう。


CIMG5857.JPG

                 展望台から、大手町のビル群を眺める


CIMG5864.JPG

                明暦の大火まで天主のあった江戸城の図

東御苑内は、只今、殺風景な散歩道ですが、来月から夏にかけて、木々の緑が芽吹き見事なオアシスになります。入園は無料ですので、是非お出かけ下さい。

宮内庁三の丸尚蔵館   www.kunaicho.go.jp

                                         担当は、T.Nでした。

〒104-0045 東京都中央区築地4-11-5
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-5551-1090

お問い合わせ・ご予約は
03-5551-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-5551-0109