公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  早稲田駅②~都の西北、森の中のミュージアム

2016.0110

早稲田駅②~都の西北、森の中のミュージアム

今回は、早稲田大学構内のミュージアムを紹介します。

 

CIMG4232.JPG

CIMG4197.JPG

           記念講堂                      大隈 重信像

はじめは、坪内博士演劇博物館です。

CIMG4199.JPG

博物館は、16世紀、エリザベス王朝時代のイギリスの劇場「フォーチュン座」を模して造られました。入り口が左右にあり、真ん中が舞台のように設計されています。正面中央の庇の下に、「Totus Mundus Agit Histrionem」とラテン語で、「この世はすべて舞台」という意味のセリフが掲げられています。

1928年、坪内逍遥博士の古稀の祝いとライフワークであった「シェークスピア全集」の翻訳完成を記念して、有志により建てられました。

CIMG4201.JPG

                       坪内逍遥記念室

CIMG4203.JPG

                            1階廊下

西洋演劇、古代・中世、近世、近代・現代、東洋演劇等ジャンル別に展示されています。

CIMG4205.JPG

                        帝国劇場の模型

 

CIMG4227.JPG

CIMG4228.JPG

                          能面と衣装

CIMG4229.JPG

                         人形浄瑠璃

次は、會津八一記念博物館を訪ねました。

CIMG4230.JPG

建物は、旧、大学の図書館として建てられました。卒業生で、大学でも教鞭をとった會津八一氏は、東洋美術の実学として、私財を投じ、中国の明記や鏡等、たくさんのコレクションをしており、博物館一つのベースとなっています。1998年、幾つかの寄贈されたコレクションを集め、開館する運びとなっりました。館内は、全て撮影禁止のため、パンフレットから展示品をご覧ください。

CIMG4259.JPG

                        パンフレットより

常設展示品の優れものたち、左真ん中の「明暗」は、大観と観山の合作による作品で、1階から2階に上がる中ほどの壁面に大きく飾られています。圧巻でした。

CIMG4264.JPG

                   記念に頂いたポストカードです。

また、1階には「富岡重憲コレクション」が常設されています。2ヶ月くらいを目安に、展示作品が入れ替わります。展示品の一部です。

CIMG4265.JPG

                         パンフレットより

會津記念館は、外観はシンプルな建物ですが、大扉を飾る八芒星の透かし彫り、階段の手すりの下の月のモチーフ等、随所にこだわりがあり、必見です。

こんな素晴らしいミュージアムが無料であるのもありがたいですね。

演劇博物館      :www.waseda.jp/enpaku/

會津八一記念博物館 :www.waseda.jp/aizu/

                                           担当は、T.Nでした。

〒104-0045 東京都中央区築地4-11-5
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-5551-1090

お問い合わせ・ご予約は
03-5551-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-5551-0109