トピックス

今日の薬は飲んだ?

 みなさん、こんにちは。

 今日は、正月そうそう、病院の話です。

①薬はもう飲んだの?

 病院に行って診察が終わると、すごい量の薬が用意されますよね。

 お決まりの胃薬から始まって、鎮痛剤、抗生物質の薬、などなど。朝、一度に5種類ぐらいの薬を服用することになります。

 そして、ついつい、「あれっ、薬は飲んだかな?」となってしまう事も、度々ではないでしょうか。

 思わず、そんな事を口にすると、お母さんから、間髪を入れずに叱られます。「だから母さんいったでしょ。薬はね、貰ってきたらすぐに一つ一つに飲む日を書いておきなさいって!そうすれば・・・・・・」 ここぞとばかりに、朝から矢継ぎ早のお小言です。確かにキチンと準備さえしておけば、飲み忘れはないのでしょうけど、そうはいかないのが、薬です。

 最近は、便利な箱が売り出されていて、カレンダーに合わせた隙間に、薬を分けて入れて置くことで、飲み忘れが無いようにできます。もちろん、病院に入院したら、そんな箱を枕元に置いていかれます。その他にも、数々の趣向を凝らした製品が売られています。いかに、薬の飲み忘れが多くて、問題かという証拠ですね。ほほえましいというか、こまったというか・・・・

②用賀店の周りの病院

 さて、この東急ステイ用賀店の周りには、数多くの大きな病院があります。

 人間ドックや、入院の方の看病など、たくさんのお客様にご利用いただいております。人間ドックの方は、まだ病気である事が決定しているわけではないので、まだ安心して見ていられるのですが、(もちろん、当のご本人様は、心中おだやかではないとは思います)、病院に関わる事でご利用いただくお客様は、いろいろとご心配事が多く、大変だと、いつも以上に気にかけながら接しております。病気も回復して、退院、看病の方もホテルはチェックアウトとなると、よかったと私どももうれしくなります。

 では、いくつかの病院をご案内させていただきます。

  関東中央病院・・・・・・病院の玄関まで行くバスがあります。人間ドックの検診の方が多いようです。

  国立成育医療研究センター・・・・成城学園駅行きのバスが出てます。案内に健全な次世代を育成とあります。

  国立病院機構東京医療センター・・・恵比寿駅行きのバスが出てます。案内に高度総合医療施設とあります。

  日産厚生会玉川病院・・・・・距離としては近いのですが、バスがありません。用賀の駅前からタクシーをご利用下さい。

 それぞれ、入院のベッド数も多く、専門分野で有名な病院です。

 その他にも、数々の専門クリニックがあります。

③健康な生活

 人生は健康で、病院などには、縁がないほうが良いに決まっています。でも、そうはいかないのも人生です。

 病気のシグナルが出たら、早めに治療をして、再び健康を取り戻して、元の生活に戻れるようにしたいものです。もちろん、処方されたお薬は、キチンと毎日、服用しましょうね。

 

  

年初めの元気・・・箱根駅伝

 みなさん、こんにちは。

 昨日から仕事始めの方も多くいらしたと思います。あっというまに、普通の生活に戻ってしまいますね。

 普通の生活をするには、元気が一番。私のお正月の元気の源は、箱根駅伝です。去年の夏から箱根、箱根といい続けて、こちらも、あっという間に、駅伝本番になってしまいました。

 2日の朝早くから、東京丸の内から走り始めて、お昼過ぎには、もう箱根芦ノ湖に到着。何時間かのTV放送は、長いようですが、ついつい見続けてしまい、気がつけば、お昼ご飯も食べないでいたりします。

 駅伝大会はいくつかあります。元旦には、実業団の駅伝大会がありました。こちらを走るメンバーの中には、去年、大学生として箱根を走った方々もいて、知っている顔が多いので、それはそれで楽しかったのですが、やはり、箱根駅伝は別格の存在です。

 第一走者から、期待されたランナーが思うように走れなかったり、以外なところから、調子の良いランナーが飛び出してきて、予想を覆す順位だったり、ドラマがいっぱいです。

 今年は、ぶっちぎりの学校がなくて、短い時間に多くの大学がひしめく、スリルのある展開になりました。逆にいうと、時間内にたすきを渡せなくて、失格してしまう大学もなく、よかったと安心して見れました。それでも、やはり復路の最終走者にたすきを渡すときには、5校もの学校がたすきをつなげることができなくて、前の走者とタッチすることもなく走り出す結果になりました。見ていて、こころがつぶれる思いでした。

 そんなこんなと、悲しいこと、楽しいことが繰り返し起こるのが箱根駅伝。去年、大活躍だった青山大学が、期待通りの優勝で、大会に新しい記録をうちたてました。そして、なんといってもうれしかったのが、日体大の10位以内、来年の大会のシード権獲得です。日本体育大学の方々には、入試、卒業式などで、東急ステイ用賀をご利用いただいておりまして、なじみの深い大学です。

 往路で一時期は13位と、悲壮感にあふれていましたが、走りきってみれば、7位と、大健闘でした。以前、お話しをしましたが、シード権がないと、秋に行なわれる予選会に勝たないといけません。こちらは、去年は50校近くが箱根の切符を目指して出場と、大変に厳しい戦いになってます。日体大の皆さん、本当に良かったですね。

 いろいろありましたが、大会が終わり、私は、今年も一年がんばるぞという元気をいただきました。選手のみなさん、素晴らしい走りを、本当にありがとうございました。

 

 さて、皆様の元気の源は何ですか?

 心がはずむ出来事はありますか?

 今年も、皆様が、笑顔でいられるようにと、祈っております。

謹賀新年

 皆様、あけましておめでとうございます。

 東急ステイ用賀、今年もよろしくお願いいたします。

 

 昨日の大晦日、夕方の空に、三日月でしょうか、月がくっきりと見えていました。その少し上には、金星:宵の明星が本当にキラキラと輝いていました。キリッとした、素敵な夕暮れでした。ということは、本日、元旦の天気は快晴になりますね。

 1月1日、元旦は、東京では、私の子供の頃から快晴の日が多いように感じます。一年の始まりが、スッキリとした空気の中で始まるのは、気持ちが引き締まって、いいものですね。今年は良い事がありそうだという予感が町中に満ち溢れているようで、それだけで幸せになってしまいます。

 多くの人が故郷に帰ってしまったのでしょうか、道路を走る車も少なくて、町中がガランとしていて、いつもの町が広々と感じます。

 空気も新鮮で、清潔感がいっぱいです。

 お正月だなんだといっても、いつもの朝と変わらないはずなのに、やはり、特別な日なんだと、実感させられてしまう朝の景色です。

 先程、少し外に出てみました。まだまだ暗くて、朝は遠いようですが、空気だけは、すでに新鮮さがあふれていました。素敵な元旦になりそうです。

 

 世界は、少し変わった大統領が生まれたりして、大きく変化していく予感がいっぱいですが、平和であってほしいと祈るばかりです。私は戦争が終わってしばらくして生まれたので、平和な時代を謳歌して育ちました。その平和が長くつづいて今に至っていますが、どうも、最近は争いの嫌なにおいがし始めています。

 平和だけは、なんとしてでも守らないといけないと思うのですが、時代の流れとは、計り知れない強さを持っていそうですので、元旦のこの日に、改めて、気を引き締めていきたいと思っております。

 いつもここに書いているのですが、世界が平和で、皆さんが自由に旅をできる世界であってほしいものです。

 

 さて、新しい年が始まり、東急ステイ用賀は、これからも、より良いサービスを求めて、日々前進していきます。

 それでは、皆様のお越しをスタッフ一同、お待ち申し上げております。

もうお正月です

 みなさん、こんにちは

 今日で、クリスマスの飾りは片付けて、お正月の飾りつけをします。

 なんか、次から次へと、慌ただしい日々が続きます。当然、年末ですから、物品のたな卸しもありますし、年末年始は色々な会社は休みますから、今のうちに、必要な物は取り揃えておかなければなりませんし。

 ここはホテルですから、年中無休です。世間のお正月休みの間の10日間ぐらいの必需品を、所狭しと積み重ねているところです。

 ただ私の若い頃のお正月と比べると、最近は本当に簡単に過ごせるようになりました。昔は、正月の3日間は、食事をするところも開いていなくて、ふるさとに帰らない独り者や学生は、食べ物の確保がたいへんでした。現在のように、インスタントの食品やレトルトの便利な物や、電子レンジがありませんでしたし、生の野菜やお肉を買い揃えて、料理をするわけですね。

 なんか年寄り臭い話になってしまいましたが、若い人たちは、現在の日本のお正月がどんなに便利になったか、実感はないでしょうね。それこそ、年中無休でコンビニエンスストアが開いているわけですから、お正月と言っても、生活はいつもと変わらないリズムで出来るんですね。

 という事は、逆に、お正月の正月らしさが、欠如し始めているという事でもあるわけです。

 新聞の記事によると、除夜の鐘の音がうるさいという話まで、飛び出しているようで、時間をずらすとか、108回も打たないとか、本末転倒の事態になっているようです。大晦日の深夜、新しい年に向かって、108の煩悩を振り払い、心を新たにするという慣わしは、どうなってしまうのでしょう。

 元旦の過ごし方も、変わってきているようです。元旦は一年で最初の「晴れの日」。家族そろって、おめでとうの挨拶をして、神様に感謝しつつ一年で最初の食事をするわけです。だからこそ、昔は外食のお店は軒並み閉まっていたわけで、独り者には、つらい3日間だったのです。

 今の東京では、「晴れの日」の意識が薄れているので、このような言葉を使った話は、どのように捉えられるのでしょう?

 例えば、「晴れ着」。特別な「晴れの日」にだけ、着ることができる、普段とは違った着物です。神様・・・(もちろん日本の、やおよろずの神様です)・・・をお迎えするのに相応しい着物ですね。現在の日本では、毎日が晴れ着をきて出歩いているような世相です。髪の毛も、毎日がお祭りのようなアレンジの若い方もいます。だから「晴れ着」に特別感はないようです。という事は、神様の登場も、特別感がないということになってしまいますね。

 でも、現在の日本で、そんな事を言っていると、普段の生活にそぐわないようです。だから、当然のように、正月の過ごし方、有り方も変化してしまうのでしょう。まして、一人でも、簡単に食事もでき、楽しむことができる時代なのですから。

 

 さて、東急ステイ用賀店でも、31日、大晦日からお泊りいただく予定のお客様がたくさんいらっしゃいます。本当にありがとうございます。

 ホテルで向かえるお正月、私ども東急ステイ用賀は、レストランも併設されておりませんので、御節をお出しすることもできません。ただただ、いつもと同じ朝になってしまいそうです。

 でも、「晴れの日」であることが、うすれてきている時代ですから、そんなホテルのお正月も、まんざらではないと思うのですが。元日は、平和な朝であれば、良いと思いませんか。

 

世田谷ボロ市ー2 世田谷線を乗りに行こう

 みなさん、こんにちは。

 今週、12月15日、16日は、世田谷ボロ市が開催されます。

 せっかくですから、ボロ市だけではなく、近辺の観光もしてみましょう。

 ①玉電の思い出世田谷線

 東急ステイ用賀店の前を、昭和の時代に、玉電という路面電車が走っていました。地元の人々に愛された電車でしたが、国道246号に線路があった為に、車が多くなり、混雑が激しくなったために、廃止となってしまいました。1969年の事でした。

 ただ、この玉電には、三軒茶屋から下高井戸までの支線がありました。この支線は、幸いな事に、路面ではなく、専用の軌道を持っていたために、廃止を免れて、現在も営業しています。名称も世田谷線と変更になり、都内では、都電の荒川線とともに、路面電車の思い出を残しながら、走っています。

 私もそうですが、鉄道ファンには、路面電車は、たまらない存在です。鉄道と違って、手で触れそうな身近さで、ほとんどおもちゃの感覚です。

 ボロ市には、三軒茶屋から、世田谷線に乗って、行くことができます。

 では、チョット、世田谷線に乗った気分で話をして見ましょう。

 ②世田谷線観光

 当ホテルの最寄り駅、用賀から3つ目、三軒茶屋が始発駅です。

 以前の三軒茶屋の駅舎は、小さくて、くずれそうで、周りを多くの食べ物屋さんに囲まれて、なかなか素敵なたたづまいでした。現在は、再開発されて、世田谷パブリックシアターなどと一体化していて、これもまた、レンガ造りでヨーロッパテイストで路面電車ぽくて良いです。

 降車側のホームは、誰でも道路代わりに通ることができます。世田谷線はほとんどが無人の駅ですが、ここは、駅員さんもいて、賑わってます。

 電車は、300系の2両編成で、車体の色が、それぞれ違っていて楽しいです。また、サザエさん電車や、宣伝のラップでカラフルな車両もあります。

 電車は駅を出ると、まず、踏み切りがあります。線路の両脇は花で飾られています。住宅街の中をゆっくりと走り抜けます。

 すぐに、交通量の多い「環状七号線」と交差します。ここは、若林踏み切りといって、電車優先の踏み切りではなく、普通の踏み切りで、電車も信号待ちをします。

 踏み切りを渡って少し行くと、有名な松陰神社です。隣り合わせで、国士舘大学もあります。

 次の駅が「世田谷」の駅です。遠い昔はお城もあって、城下町として栄えていました。ここから、次の「上町」の駅の間で、ボロ市は催されます。

 ③ボロ市通り

 無人の駅を降りたら、世田谷通りを渡って、すぐにボロ市通りに行かれます。回りは小さな商店の並ぶ、いかにも田舎の町並みです。

 ボロ市通りの中心は、代官屋敷です。

 代官屋敷は、東京都の史跡でもあり、建物は、国の重要文化財でもあります。その昔のお金持ちの住居を楽しめます。

 また、同じ敷地内には、世田谷の郷土資料館も併設されてます。

 さて、話は長くなってしまいますので、ここから先は、ご自分の目で、アチコチと見て回っていただきたいと思います。そして、帰りは、世田谷通りから、バスで、用賀方面、田園調布行きに乗り、ホテルにお戻り下さい。

 では、お気をつけて、いってらっしゃいませ。

ホテルの予約・お問い合わせ

お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。

【東急ステイ用賀】
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-4-1

TEL.03-5620-0109

営業時間:24時間 年中無休
Fax. 03-5716-1099

  • インターネット予約
  • お問い合わせ

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。

携帯サイトから予約

QRコード