スタッフブログ

門前仲町のおすすめ情報をお伝えいたします。

2017/02/18

節分会追儺式2017~深川不動堂 Part2

★2月3日の節分の日に深川不動堂では節分会追儺式2017がとりおこなわれそのPart2をお届けいたします★

 

今回は前回からの続編でございまして、今年の2月3日に深川不動堂でとりおこなわれました節分会追儺式の「豆まき式」の様子をお届けしたいと思います。

節分会深川不動堂説明1.jpg

2月3日の12時に深川不動堂で「豆まき式」の入場整理券を無事にゲットし、15時ちょっと前に境内に行くと豆をまく4か所のエリアの内の1か所に誘導されました。そこでしばらく待っておりますと、旧本堂で年男、年女の御祈祷が始まりました。その御祈祷の間、深川不動堂の担当の神職の方が、旧本堂の上の方からマイクで「豆まき式」での注意点、深川不動堂の歴史、現在境内に新たに建設中の建物について冗談を交えながらお話くださいました。

節分会深川不動堂説明2.jpg 節分会深川不動堂豆まき待機.jpg

15時20分ぐらいに旧本堂から年男、年女の方、ゲストの著名人、有名人の方がでてまいりまして、ステージの方へ移動し始めました。有名人の方は参道に出られたとき名前の紹介があったのですが、今でもテレビで良くみかけるのですが、主に70年代、80年代に活躍された俳優、女優、歌手の方が多いように思いました。

 

節分会深川不動堂豆まき.jpg

そうこうしている内に「豆まき」が始まりました。自分は後ろの方で紙袋を高くかざし、ゲストがまいてくださる豆を受け止めました。「豆まき式」に参加していつも思うのは、豆が頭にあたると想像以上に痛いことと、それでも1粒でも多くの豆をゲットしたいと思う自分がいることです。「豆まき」は2回行われました。

 

節分会深川不動堂豆.jpg 節分会深川不動堂福豆.jpg

「豆まき」が終わりふと紙袋の中を観ると、なんと想像以上に多くの豆が袋の中に入っているではありませんか・・・自分の歳の数の2倍以上の豆が取れていました。昨年は富岡八幡宮でステージの真下でがんばった割にはあまり袋に入らなかったのに・・・今年は後ろの方であまりがんばらなくてもこんなに豆をゲットできたのは、たぶん入場制限のため1つのエリアの観客が50人ほどと少なかったことと、ステージから近かったからだと思われます。その上、お不動様から帰り際に「福豆」のお土産までいただきお不動様に感謝です。

 

節分会深川不動堂外観.jpg

毎年2月3日の節分の日に当ホテルの近辺にございます「深川不動堂」「富岡八幡宮」「節分祭」がとり行われておりますので、是非参加してみては如何ですか?

 

 

"Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2017~Fukagawa Fudoudo Part 2"

 

Setsubun is a day before the beginning of spring (February 3rd). A Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2017 was held at Fukagawa Fudoudo

The Bean Scattering Ceremony started from 3:20pm.

Celebrities visited the Temple as guests began to scatter beans from a special stage to visitors for this ceremony. Visitors concentrated to receive the beans with their bags that celebrities were scattering. Fortunately, I got lots of beans as I had expected this year. I guess the reason why I got lots of beans was because there were limited visitors to receive beans that guests were scattering and the stage was very close to me.

 

The Setsubun Festival is one of the most exciting festivals this season. If you stay at our hotel this season, why don't you join this festival?

本日のブロガー:J.U.

2017/02/12

富岡八幡宮の新手水舎

★富岡八幡宮の手水舎が新しくなりました★

 

まだまだ寒い日が続いておりますが、皆様如何お過ごしでございますか?

さて、当ホテルのお隣にございます「富岡八幡宮」の大鳥居を入り参道を進んでゆきますと、左手に「手水舎」がございますが、老朽化により改修工事が進められておりましたが、最近竣工を迎えました。

 

IMG_0064.jpg【新手水舎】

手水舎の屋根の銅板葺き替え、木部を洗い直し、そして、水盤が一新されました。尚鳳凰型の吐水口からはセンサーで自動的に給水されるというハイテクなシステムが採用されております。

 

 

青銅水盤.jpg

【旧手水舎】

以前使われていた旧手水舎は、石製の水盤を青銅板で包み込んでいるのが特徴的な「銅造水盤」でした。「天下泰平国土安穏」を祈願して享和三年(1827年)に奉納され、関東大震災と太平洋戦争を乗り越え、現在江東区の有形文化財となっていました。そのため末永く後世に伝えるために富岡八幡宮の資料館に収蔵展示されることとなったそうです。

富岡八幡宮に参拝される前に、新しくなった「手水舎」をご利用になられ、機会がございましたら、是非富岡八幡宮の資料館で江東区の有形文化財である「銅造水盤」をご覧になっては如何ですか?

 

"New Chozusha at Tomioka Hachiman Shrine"

 

When we enter the Otori (gate) of Tomioka Hachiman Shrine next to our hotel and go along the path to the main building, we can see the chozusha (building for cleaning hands and rinsing mouths) on the left hand side. Recently the renovation work for the chozusha was completed.

The roof of the chozusha was redone to cooper plating and wooden parts were cleaned and the water basin was replaced. Two phoenixes were installed on the water basin and the water is supplied automatically from the phoenixes' mouths with sensors.

The former chozusha was a copper water basin which was a stone water basin wrapped with a bronze board. It was dedicated in 1827, survived the Great Kanto Earthquake and World War Ⅱ, and has now become a tangible cultural asset of Koto Ward. It is now exhibited in the museum of Tomioka Hachiman Shrine for future generations to see.

When you visit Tomioka Hachiman Shrine, why don't you enjoy using the new chozusha and enjoy the cultural heritage?

 

本日のブロガー:J.U.

2017/02/07

節分会追儺式2017~深川不動堂 Part1

★2月3日の節分の日に深川不動堂では節分会追儺式2017がとりおこなわれました★

 

2月に入り、少しづつ日差しが強くなってきたと感じられる今日この頃でございますが、まだまだ冷たい風の吹く日が多いですよね。皆様如何お過ごしでございますか?

 

節分会深川不動堂不動堂前.jpg

さて、先日2月3日節分の日に当ホテル近辺にございます、富岡八幡宮と深川不動堂では毎年恒例の節分祭がとりおこなわれまして、今年は深川不動堂「節分会追儺式」に参加させていただきました。

 

節分会深川不動堂列.jpg 節分会深川不動堂入場整理券.jpg

深川不動堂(正式名称は成田山東京別院深川不動堂)の「節分会追儺式」は警備上の都合で式への入場人員を400名に規制しておりまして、当日12時から入場整理券が配布されるということでしたので、午前11時45分ぐらいにそちらに到着すると、すでに整理券を求める長蛇の列を発見!! 12時に近づくにつれ列がさらに伸び、自分が並んだ時の2倍以上の列になっておりました。それでも何とか無事に整理券をゲットすることができました(*〇*)

 

節分会深川不動堂不動堂人情深川語利益通り.jpg 節分会深川不動堂前2.jpg

「豆まき式」がとり行われます午後3時前に深川不動堂の参道の「人情深川ご利益通り」を通って深川不動堂へ戻ってまいりますと、境内ではすでに入場券を持った沢山の人が特設ステージの下に集まっておりました。特設ステージの4か所から豆を撒くようで、入場券の色でその色のエリアに誘導され、自分は黄色というエリアでございました。大体1エリア50人ぐらいの観客の数でした。

 

節分会深川不動堂本堂.jpgこの黄色のブロックは深川不動堂の本堂の前でございまして、本堂を見上げますと少し不思議な感じのお不動様のご真言に包まれた「真言梵字壁」になっております。

節分会深川不動堂不動堂黄色のエリア.jpg

15時から「豆まき式」が始まると思ったのですが、旧本堂では年男、年女の御祈祷などが行われ15時20分ぐらいからのスタートとなりました。その模様はPart2でお届けしたいと思いますので是非ご期待くださいませ。

 

"Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2017~Fukagwa Fudoudo Part1"

 

Setsubun is a day before the beginning of spring (February 3rd). A Setsubun Festival 2017 (Bean Scattering Ceremony) was held at Fukagawa Fudoudo around our hotel and I participated in it.

Entrance for participating in this festival was limited to a certain number of people and we needed to get the entrance ticket in advance from 12 o'clock on that day. When I arrived there around 11:45am, there was already a long line. The line had doubled at 12 o'clock. Fortunately, I was able to get an entrance ticket.

When I returned to the Temple, I was asked to go to the yellow area near the new main building of the Temple divided into four colored areas. Beans were scattered from four parts on the stage toward each area. There seemed to be approximately 50 people at each area. Celebrities visited as guests came out from the old main building of the temple at 3:15pm. After a while, the Bean Scattering Ceremony started.

 

To be continued in my next sequel.

 

本日のブロガー:J.U.

2017/01/23

深川七福神巡り2017 Part2

★深川のお正月の風物詩「深川七福神巡り」に行ってまいりました★

 

深川七福神巡り笹と土鈴.JPG

★Part2では「心行寺」から「富岡八幡宮」の様子をお届けいたします★

 

「円珠院」を後にして、清澄通りをさらに南下していきますと、左手に「心行寺」が見えてまいります。

深川七福神巡り心行寺1.JPG 深川七福神巡り心行寺2.JPG

当ホテルからですと「心行寺」まで徒歩15分ぐらいでございます。こちらでは「福禄寿(人望福徳)」が祀られており、「福禄寿」の石像が建てられておりました。各寺社を巡ったのですが、七福神の像を拝見できたのは(どの寺社に行っても、もっと注意深く境内を見るべきだったと反省しました)、この「心行寺」だけでございました。江東区深川2-16-7

尚、「心行寺」の近くには「深川の閻魔様」で有名な「法乗院ゑんま堂」もございます。ハイテクゑんま様がありがたい説法をしてくださいますので、是非訪れてみては如何ですか?

 

深川七福神巡り冬木弁天堂2.JPG 深川七福神巡り冬木弁天堂1.JPG

心行寺から清澄通りを少し南下すると葛西橋通りがございます。そこを左に折れしばらく歩きますと「冬木弁天堂」がございます。階段を上ってまいりますと、左手に観音堂があり、右手に荘厳な「冬木弁天堂」が見えてまいります。こちらでは、芸道富有の福徳を授ける「弁財天」が祀られております。江東区冬木2-31

 

深川七福神巡り富岡八幡宮1.JPG深川七福神巡り富岡八幡宮2.JPG 深川七福神巡り富岡八幡宮3.JPG

そしてそちらから10分ほど歩いて、七福神巡りの最後の神社、当ホテルの横にございます「富岡八幡宮」にやっと到着いたしました\\(^〇^)//七福神巡りを始めて、約2時間で富岡八幡宮に到着。こちらでは愛敬富財の福徳を授ける「恵比須神」が、三末社と呼ばれる三神社の真ん中の神社に祀られています。昨年、富岡八幡宮境内DEEPスポット~富士浅間神社」と「深川八幡富士というタイトルでこの三末社のことをとりあげさせていただきましたので、こちらも是非ご参照ください。江東区富岡1-20-3

 

深川七福神巡り御朱印.JPG

今年の元日から1月15日(日)まで御開帳期間として御朱印用の色紙、福笹、鈴の授与がございます。私も各寺社で御朱印をいただき、福笹に鈴をかけていきました。深川七福神巡りに参加される方で御朱印を希望される方は、この御朱印用色紙を最初に訪れる寺社でいただくことを忘れないでくださいね。

御朱印の色紙 初穂料1000円

朱印は初穂料各100円

福笹の初穂料1000円

土鈴は初穂料各300円

 

すべての寺社を巡るまでに2時間ちょっとかかりましたが、方向オンチの私でも七福神巡りを無事に終えることができ大変よかったです。多少は道に迷うこともあったのですが、七福神巡りのルートにはわかりやすくオレンジの旗がたてられていてスムーズに進めました。何より史跡や旧跡が多く、下町情緒を感じながら7か所を巡ることができ大変感動いたしました。

毎年お正月が各寺社の開帳期間になっておりますので、この期間に当ホテルをご利用のお客様は、是非七福神巡りを体験されてみては如何ですか?

 

新しいビットマップ イメージ.bmp

 

"Fukagawa Shichifukujin Meguri 2017 (Fukagawa Seven Gods of Good Luck Tour 2017)Part 2"

After I visited Enjyuin, I arrived at Shingyoji. I walked around the three temples or shrines after Shingyoji to Tomioka Hachimangu which is the last shrine of the tour. I will introduce defied Seven Gods of Good Luck and Good fortune at each temple or shrine shown below.

 

5 Shingyouji ~Seven Gods of Good Luck: FUKUROKUJYU Good Fortune : popularity, happiness and prosperity (^〇^)

6 Fuyuki Bentendo ~Seven Gods of Good Luck: BENZAITEN Good Fortune : Art, richness (^〇^)

7 Tomioka Hachimangu ~Seven Gods of Good Luck: EBISUJIN Good Fortune : Humorous wealth, goods (^〇^)

 

It took about 2 hours to walk around all the temples and shrines. Although I got a little lost, it was easy to find the course because the yellow flags are lined up along the course. I realized the reason why the tour is very popular is because there are lots of historical sites in the Fukagawa area and we can walk around those sites while feeling the atmosphere of the old town.

 

Since the temples or shrines for the Fukagawa Seven Gods of Good Luck tour are open during the New Year's period, why don't you walk around seven temples or shrines if you stay at our hotel during this period?

 

 

本日のブロガー:J.U.

2017/01/09

深川七福神巡り2017 Part1

★深川のお正月の風物詩「深川七福神巡り」に行ってまいりました★

深川七福神巡り笹と土鈴.JPG

★Part1では「深川神明宮」から「円珠院」の様子をお届けいたします★

 

新しい年2017年がスタートしあっという間に正月三が日が過ぎてしまいましたが、皆様如何お過ごしでございますか?それにしてもここ東京では正月三が日を過ぎると、急に寒くなってしまいましたよね。(正月三が日が暖かすぎて、この気温が平年並みだそうですが・・・・・)この寒さの中、今年のお正月の期間に、毎年行こうと思いながらなかなか行けなかった「深川七福神巡り」に行ってまいりました。

 

富岡八幡宮→深川神明宮か深川神明宮→富岡八幡宮のどちらのコースを選ぶか迷ったのですが、今回、深川神明宮→(約10分)→深川稲荷神社→(約15分)→龍光院→(約10分)→円珠院→(約10分)→心行寺→(10分)→冬木弁天堂→(約10分)→富岡八幡宮というコースを選びました。

 

門前仲町駅から都営大江戸線に乗り2つ目の森下駅で下車。清澄通り方面に行かなければいけなかったのですが、いきなり反対方面に行ってしまい自分が重度の方向オンチだったことを思い出したわけで・・・(^~^;)それでも気を取り直して、森下駅から徒歩約5分の「深川神明宮」から深川七福神巡りをスタートさせました。寺社巡りの楽しみはなんと言っても「御朱印」ではないでしょうか?こちらから七福神巡りを始めるにあたり、こちらの寺社で7社すべての寺社の名前がある色紙と笹と土鈴を初穂料を支払ってようやくゲット!!  各寺社で御朱印と土鈴をいただく準備はこれで万全でございまして、後は迷子にならないように寺社を巡るだけです>>>>>>>それでは当ホテル横にございます「富岡八幡宮」へ向けてLet's Go~

 

深川七福神巡り深川神明宮1.jpg 深川七福神巡り深川神明宮2.jpg

「深川神明宮」では延命長寿を司る福神「寿老神」が祀られております。境内の寿老神社では右手に長い杖をもった寿老神の姿があります。境内ではなぜか、沢山のサラリーマン風の団体が参拝をする光景が印象的でた。江東区森下1-3-17

 

深川七福神巡り萬年橋1.jpg 深川七福神巡り萬年橋2.jpg

「深川神明宮」をでて右方面に進んでゆきますと、「萬年橋」が見えてまいりました。「萬年橋」といいますと江戸時代にこの橋の上から富士山を見ることができた小名木川に架かる橋で、このブログでもかなり前に紹介させていただきました。近くには、芭蕉庵史跡展望庭園「ケルンの眺め」で有名な清洲橋があり、このエリアは個人的には大好きなスポットでございます。こういった史跡や旧跡に触れながら深川を巡ることができるのも、「深川七福神巡り」の人気の秘密なのかも知れません。

 

深川七福神巡り深川稲荷神社.jpg

萬年橋を渡り2つ目の路地を左に曲がり直進すると、「深川稲荷神社」がございます。社殿内には大きな袋とうちわを持った「布袋尊(清廉度量)」が安置されており、平和安穏、家庭隆盛などを司ると言われています。江東区清澄2-12-12

 

深川七福神巡り龍光院.jpg清澄通りをさらに門前仲町方面に南下し、以前このブログで「深川かかしコンクール」でもとりあげました深川江戸資料館通りを左折しその通りを直進した後、白河三丁目交差点を右折してしばらく直進すると、「龍光院」がございます。こちらでは「毘沙門天」が祀られており、国土守護、勇気授福の仏神として信仰されています。江東区三好2-7-5

 

深川七福神巡り円珠院.JPG

「龍光院」をでて右へ進み、平野二丁目交差点を右折し直進、平野の交差点を右折するとすぐ「円珠院」がございます。「大黒天(有福畜財)」が祀られており、境内には大黒天の石像があり、金運、財産などにゆかりの深い神様です。 江東区平野1-13-6

そこから「心行寺」へと足を向けました。

 

新しいビットマップ イメージ.bmp

その続きはPart2でお届けいたしますのでどうそ御期待ください。

 

"Fukagawa Shichifukujin Meguri 2017 (Fukagawa Seven Gods of Good Luck Tour 2017)"

It has been extremely cold here in Tokyo since the three days after New Year's Day. I went around seven temples or shrines where Seven Gods of Good Luck are deified for divine favor in the cold weather. The kind of divine favor depends upon those seven temples or shrines.

Seven temples and shrines to visit for Seven Gods of Good Luck in Fukagawa area are already decided and I chose the course to visit those temples or shrines as given below.

 

Fukagawa Shinmeigu→(About 10 minutes)→Fukagawa Inari Jinjya→(About 15 minutes)→Ryukouin→(About 10 minutes)→Enjyuin→(About 10 minutes)→Shingyoji→(About 10 minutes)→Fuyuki Bentendo→(About 10 minutes)→Tomioka Hachimangu

 

1. Fukagawa Shinmeigu~ Seven Gods of Good Luck: JYUROUSHIN  Good Fortune : Life longevity  (^〇^)

2. Fukagawa Inari Jinjya ~Seven Gods of Good Luck: HOTEISON  Good Fortune : Unrighteousness  (^〇^)

3. Ryukouin~ Seven Gods of Good Luck: BISYAMONTEN  Good Fortune : Courage  (^〇^)

4. Enjyuin ~Seven Gods of Good Luck: DAIKOKUTEN Good Fortune : Happiness and Prosperity  (^〇^)

 

I introduced my tour from Fukagawa Shinmeigu to Enjyuin in this blog. I will introduce my tour from Shinngyouji to Tomioka Hachimangu in the next blog.

 

本日のブロガー:J.U.

ホテルの予約・お問い合わせ

お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。

【東急ステイ門前仲町】

TEL.03-5620-0109

営業時間:24時間 年中無休

  • インターネット予約
  • お問い合わせ

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。

携帯サイトから予約

QRコード