公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  桜田門散策

2019.0719

桜田門散策

桜田門散策

長かった梅雨もようやく明けようとしていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。今回、桜田門を散策致しました。

桜田門は幕末の大老、井伊直弼が桜田門外で暗殺された場所として有名です。また井伊直弼は石州流という茶道の道を極めています。「一期一会」という言葉は井伊直弼の茶道の本質を表した著書『茶湯一会集』の中に書かれている言葉です。茶会に臨む際には、このような機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであると心得て、亭主・客ともにお互いに誠意を尽くしなさいという心構えだそうです。

sakuradamonn.jpg

外桜田門【 高麗門(こうらいもん)】入口

彦根藩主の14男として生まれ、青春時代は日陰の存在であったようです。自らを花の咲くことのない埋もれ木に例え、埋木舎(うもれぎのや)と名付けた小さな屋敷で暮らしています。にもかかわらず、向上心を抱いて日々研鑚の生活を送ります。この時期に熱心に趣味の石州流という茶道を学び、茶人として大成しています。ほかにも和歌や鼓、禅、兵学、居合術を学ぶなど、文武両道に秀でた才能と聡明さを兼ね備えた人物であったようです。そのためチャカポンというあだ名もついています。チャは茶道、カは和歌、ポンは鼓の音だそうです。1846年、第14代藩主で兄の直亮(なおあき)の世継ぎが亡くなったことから、兄の養子として直弼は次期藩主の座が決まります。1850年(嘉永3年)に、藩主である井伊直亮(なおあき)が亡くなり、直弼は彦根藩の15代藩主になります。彦根藩時代は藩政改革を行い、名君と呼ばれたそうです。1853年に黒船が来航以降、徳川幕府は開港問題や将軍継嗣問題等、解決しなければならない難題が山積していました。井伊家は譜代の筆頭であったため、将軍に直接意見できる溜間詰(たまりのまづめ)という役職に就きます。1858年、徳川家定の命により大老に就任します。

有楽町線桜田門駅出口.jpg 警視庁桜田門.jpg

■有楽町線「桜田門駅」地上出口 3          ■正面が警視庁で左側の通りが桜田通り右側の通りが内掘り通り

桜田門案内.jpg sakurada.jpg

桜田門前.jpg 桜田門4.jpg

■地上に上がると正面に外桜田門が見えます。       ■外桜田門【 高麗門(こうらいもん)】

桜田門3.jpg å €ï¼’.jpg

桜田壕(左)                       ■凱旋(右)

桜田門1.jpg 

外桜田門【 高麗門(こうらいもん)】外側

旧江戸城外桜田門

 現在この門は桜田門と呼ばれてますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷と呼んでいたことに由来します。外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造からなり、外枡形という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(1624~44)とされ、現存する門は、寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正十二年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。万延元年(1860)三月三日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました。(桜田門外の変)。(案内板参照)

Sotosakurada-mon Gate of Edo Castle

Currently called Sakurada-mon, this gate is officially named Sotosakurada-mon, soto meaning "outer" as opposed to the "Uchisakurada -mon or "inner" Gate (kikyo Gate)near the citadel. These gates were named Sakurada-mon because the area was called Sakurada-go(town) in the past. The Sakurada-mon Gate has a dual structure consisting of the Korai Gate on the outside and the Watariyagura Gate on the inside with a square in-between.It covers an exceptionally large area(approx.1,056 m2)as a highly defensive castle gate fort the Nishinomaru (west compound).The Sotosakurada-mon Gate was originally built in the Kanei era(1624 to 1644),while the existing gate is based on a gate reconstructed in 1663.The gate was damaged by the Great Kanto Earthquake in 1923 and repaired it. On March 3, 1860 , the Japanese Chief Minister Tairo Ii Naosuke was assassinated by a group of samurai who seceded the Mito-han feudal state outside of the Sotosakurada-mon Gate in an event known as the Sakuradamon incident.

桜田門内側.jpg 

外桜田門【 高麗門(こうらいもん)】内側

■襲撃が始まってから井伊直弼の首がはねられるまで、僅か数分であったそうです。これは井伊直弼の籠に至近距離から拳銃を放ったのが森五六郎(24歳)という水戸藩を脱藩した浪士で、その弾は直弼の太腿より腰に抜けて貫通した跡が見られたことから、腰椎の神経をやられて身動き出来ない状態の為、全く反撃出来ないまま、剣術の達人であったにもかかわらず、籠から引きずり出されて首をはねられてしまったのではないかと考えられています。井伊直弼の首を取ったのは薬丸自顕流を修めた有村次左衛門(22歳)という薩摩藩を脱藩した浪士です。

桜田門内側1.jpg

外桜田門【渡櫓門(わたりやぐらもん)】内側

この門を潜って皇居二重橋に向かいます。

桜田門外.jpg 

外桜田門【渡櫓門(わたりやぐらもん)】外側

■桜田門外の変は幕府の権威が失墜し、倒幕の動きが一気呵成に進みました。徳川幕府が終焉"へと向かう大きな転換点"になったようです。彦根藩主の時代に名君と呼ばれ、政治的手腕を発揮しますが、徳川の大老に就任後の政治的な決断と実行が安政の大獄という悲惨な弾圧によつて多くの人の怨みをかってしまったようです。元々は攘夷派だったのが、立場上、開国派として政治の表舞台に登場することになりますが、本来の人物像はどうだったのだろうかと興味の尽きないところです。『咲きかけし、猛き心の一房は、散りての後ぞ世に匂いける。』(世の中の為を思った熱い思いは、死んだ後に世の中の人々に理解されるだろう)襲撃される前日に書かれた歌なので、辞世の句と考えられているそうです。

堀.jpg 皇居前広場.jpg

■前方の坂道を上がった所に二重橋が見えます。     ■皇居前広場

■一期一会の言葉は元々千利休の言葉ですが、井伊直弼が茶道の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭に「一期一会」と表現したことにより、四字熟語の形で広まったとされています。皇居散策はこの桜田門からスタートするのがおすすめでございます。

■アクセス:地下鉄有楽町線出口3から徒歩3分 ■住所:千代田区霞が関2-1-1

毎日の猛暑に体もこたえますが、どうかお身体にお気をつけくださいませ。東急ステイ青山プレミアのご利用お待ち申しあげております。

m(_ _)m

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-3497-1091

お問い合わせ・ご予約は
03-3497-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-3497-0109