公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  「ユーノー」と「ルペルカリア」と「オリンピック」

2018.0227

「ユーノー」と「ルペルカリア」と「オリンピック」

「ユーノー」と「ルペルカリア」と「オリンピック」

 
 

 三寒四温のうちに、季節は冬から春へと移りつつあります。皆様いかがお過ごしでしょうか。

教会.jpg 

恋人の聖地.jpg 

 2月は立春、春節、バレンタイデーがありましたが、個人的には冬季オリンピックが記憶に強く残りました。日本選手の連日の嬉しいメダル奪取に日本中が熱狂し、喜びと感動に包まれた時間でしたね。連日、熱戦が繰り広げられた冬季オリンピックですが、休日の日は、自宅のテレビの前にくぎ付けで一日中オリンピックの中継を観戦してしまいました。録画放送にもかかわらず夢中で応援している自分自身に気がつきました。オリンピック中継ほど、日本人であることに誇りを強く感じてしまうものはないかもしれません。それぞれの選手にドラマがあり、涙で目が潤んでしまいます。連日の日本人選手の活躍には勇気と感動を与えてくれて本当に感謝ですね。古代ローマでは、2月14日は女神・ユーノーの祝日にあたります。このユーノーはすべての神々の女王であり、家庭と結婚の神でもあったそうです。翌日の2月15日は豊穣と多産祈願を目的にルペルカリアというお祭が開かれました。若い女性たちは 壺の中に自分の名前を書いた札を入れ、祭りの当日、男たちが壺から札を一枚選んで、祭りの期間中パートナーとして一緒に過ごすという風習があったそうです。 このお祭りが現在のバレンタインデーの源流だと言われています。このルペルカリア祭は若者の風紀を乱すとして、当時のローマ教皇ゲラシウス1世によりルペルカリア祭は廃止され、それに代わって殉教したキリスト教の司祭で医者でもあった聖ウァレンティヌス(バレンタイン)を称える日が創設されたそうです。3世紀にローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、兵士の士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止しました。キリスト教の司祭で医者でもあった聖ウァレンティヌス(バレンタイン)は結婚を希望する若い男女のために秘密裏に結婚式を執り行いました。これが皇帝の知るところとなり、2月14日に処刑さられてキリスト教の殉教者となりました。史実かどうかは定かではないようです。海外ではバレンタインデーのカードは恋人同士だけではなく、家族や友人同士などにも贈られるようです。女性から男性にチョコレートをプレゼントする習慣は日本だけのようですが、世界にはいろんな形のバレンタインデーの行事が沢山あるようですね。いずれにしろ、何かのお祭りやイベントが基点になってひとりひとりの心の中に優しさに溢れた気持ちが目覚めていけば、きっと世の中は良くなり、平和で豊かな生活がおくれるようになれるはずと信じて生きていきたいものですね。思いのほか盛り上がったオリンピックを通じて単純に思ったしだいです。

季節の変わり目を迎えます。くれぐれもお身体ご自愛下さいませ。

東急ステイ青山プレミアのご利用お待ち申し上げております。

m(_ _)m

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-3497-1091

お問い合わせ・ご予約は
03-3497-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-3497-0109