公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  冬至からクリスマスへ

2017.1225

冬至からクリスマスへ

冬至からクリスマスへ

 今年の冬至の日は12月22日でしたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 昔から冬至の日は生命の尽きる時期だと考えられていたようです。現在で も、風邪の予防に努め、ゆず湯に入って身体を温めて身を清め、邪気を祓います。「~ん」のつく冬至の七種(南瓜、蓮根、人参、銀杏、金柑、寒天、饂飩)を食べて体を温め、栄養をとり、日頃の疲れを癒やし、無病息災を祈る風習が現在も続いています。冬至の日は一年の中で昼間の時間が一番短くなります。この日を境として昼の時間が長くなっていきます。

古代北欧でも冬至の日は闇を追い払い、太陽の復活を祝うためのお祭りをし、仮装したり、晩餐会を開いたり、家族や友人とプレゼント交換をしたりしたそうです。西暦313年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世は正式にミラノ勅令によって、キリスト教を他の全ての宗教と共に公認しました。テオドシウス1世は380年にキリスト教をローマ帝国の国教と宣言しました。キリスト教会は冬至の日の12月25日を「イエスの誕生日」と制定し、クリスマスと太陽神を崇拝する土着の宗教(ミトラ教)を融合させてキリスト教の普及に努めたそうです。日本ではハロウィンやクリスマスは宗教とは関係なく、「外国のお祭」として受け入れて楽しめるのは季節の変わり目に冬至のような習慣があるからかもしれません。キリスト教徒でなくてもクリスマスは愛と希望、奉仕と癒し、信頼と感謝、優しさと喜び等を強く感じてさせてくれます。冬至と同じ意味の「一陽来復」という言葉は中国の易経のなかの言葉で「上昇運に転じる日」のたとえの意味があるそうです。聖書の闇から光へ、社会的に不本意な生き方からの脱皮、病気からの回復、マイナスからプラスへ向かって変化していけると感じることには希望が持てます。冬至、天皇陛下のお誕生日、クリスマスイブ、クリスマスとおめでたい日が続きましたが、クリスマスのあとは年末の大掃除が控えています。

tree.jpg

今年もあと1週間ほどになりましたが、残された1日1日を大切に悔い無くお過ごし下さいませ。

今夜はクリスマスです。幸せなクリスマスの夜をお過ごし下さいませ。

東急ステイ青山プレミアのご利用お待ちしております。

m(_ _)m

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-3497-1091

お問い合わせ・ご予約は
03-3497-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-3497-0109