公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  ジューンブライド

2017.0623

ジューンブライド

ジューンブライド(6月の花嫁)

 6月の雨に濡れたあじさいの花がしっとりと美しく咲く季節になりましたが、皆様、如何お過ごしでしょうか。

パサージュ.jpg 紫陽花2.jpg 

■紫陽花の花は土壌が酸性だと青い花になり、アルカリ性の土壌だとピンクの花になるそうです。

紫陽花.jpg 紫陽花4.jpg 

パサージュ青山入口

 当ホテルの正面入口横から青山通りに抜ける小道がございます。このパサージュ青山の入口に紫陽花の花が咲いていました。ところで日本の紫陽花を海外に初めて紹介したのは幕末(1823 年)に日本に来日し、長崎、鳴滝塾で西洋医学を教えたドイツ人のシーボルトだそうです。彼は日本各地から集まってきた多くの医者や学者に西洋医学(蘭学)の教育を行っています。また医学の他にも動植物学にも精通していて、日本に滞在中に、日本の医学、地理学、文化、資源の調査にもあたっています。鳴滝塾の弟子たちに日本の地理、文化を調べさせ、オランダ語でレポートを提出させています。植物の苗木を持ち帰り日本文化の普及にも尽力し、採取した資料をもとに植物図鑑も刊行しています。来日後、日本女性の楠本滝(お滝さん)と結婚し、娘・楠本イネを授かっています。妻のお滝さんの呼名を新種の紫陽花にHydrangea otaksa「オタクサ」と名づけています。海を越えた愛としてはとてもロマンに溢れた話しなのですが、これは史実ではないようです。少し残念な気もします。 

6月の日本はジメジメした梅雨の時期に入りますが、欧米では6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活が送ることが出来ると言われています。これはギリシャ神話の女神ヘラやローマ神話の女神ユーノーに由来しています。神話の中で、ユーノー (ヘラ)は女性の結婚生活を守護する女神です。主に結婚、出産を司っています。古代ギリシャやローマでは6月1日に女神ヘラやユーノー(Juno)を祀る祭礼が行われました。このため、6月に結婚式をあげる習慣が生まれたそうです。6月と言えばジューンブライド(6月の花嫁)ですが、これは女神ユーノーの加護によって幸せになる花嫁と言う意味があるそうです。そのため、ジューンブライドに憧れるカップルは多いようです。実話に基づいた花嫁の物語は色々と映画化されています。余命1ヵ月しかない花嫁の為に結婚式を挙げた物語、6年にわたる長い昏睡状態から意識を取り戻し、挙式を挙げた花嫁、実話ではないのですが、幸せな結婚生活が突然の病魔に襲われて亡くなってしまう花嫁の物語、オペラ「蝶々夫人」の物語等が浮かびます。どんな結末であっても、どれもみな"Love means never having to say you 're sorry".(「愛とは決して後悔しないことです」)の名セリフのテーマと共通しているように思えます。

教会3jpg.jpg 

これからご結婚なさいます未来の新郎新婦様へ『お二人なら、力を合わせて、人生の荒波を乗り越えて幸せな家庭を築かれると確信しております。新たな門出を心よりお祝い申し上げます。』

それでは、この季節は日本各地の紫陽花が私たちを癒してくれます。鬱陶しい梅雨の季節に入りますが、雨に美しく映える紫陽花の花を眺めながら心穏やかにお過ごし下さいませ。

東急ステイ青山プレミアのご利用お待ちしております。

                        m(_ _)m

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-3497-1091

お問い合わせ・ご予約は
03-3497-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-3497-0109