公式ブログ公式ブログ

TOP  公式ブログ  国立競技場へ行ってみた

2014.0513

国立競技場へ行ってみた

2020年の東京オリンピックに備え、

国立競技場は今年7月より解体工事が始まります。
それに先立ち、3月よりほぼ毎週末のように試合・大会・イベントが開催されています。
ネットニュース等で『いついつに〇〇の△△が決定!』が次から次へと...
リサーチを兼ねて、国立競技場のWEBサイトをチェックした際、
『国立競技場の歴史を見てみよう』の文字を発見。
個人利用であれば、予約不要とのことなので、GWのある日に行ってみました。
¥1,000を支払い、こちらを頂きました。
ランクによっては入るエリアも異なるそうです。
気分は記者.JPG
当日は平日でしたが、これだけの方が待っていました。
こんなに来とる.JPG
ガイドさん曰く、前日(GWど真ん中)は午前・午後合わせて2,000名の方が来ていたそうです。
上記 ロビーでは収まらず、ここに通されました。
記者会見できるらしい.JPG  ちなみにここは公式記者会見が行われるだそうです。
見学はここで行われた第3回 世界陸上(1991年)の記録表からスタート。
カールルイス.JPG この頃はカール・ルイス、谷口浩美も健在だったのですね。
この後は東京オリンピック開催時のメダリスト一覧表。
東洋の魔女(女子バレーボール)はこの頃だったのですね。
東京の歴史.JPG 東京の歴史2.JPG
さらに進んでいよいよ競技場へ・・・どれだけ歩いただろうか・・・(汗)
メインスタンドへGo.JPG
中へ入り、貴賓席へ。 
貴賓席 にけ.JPG でかい.JPG 説明中.JPG
貴賓席の両側に飾られている野見宿禰(左側の絵・のみのすくね)とニーケー(右側の絵)についての説明を受けました。
野見宿禰については『相撲の神様(敬意と感謝を示す)』、
ニーケーについては『ギリシャ神話の勝利の女神』の意味が込められています。
ちなみにニーケーについては世界的な某スポーツメーカーも同じ由来だそうです。
(知っていましたか???????)
この後は、約30分の自由時間。
いざ、グランドへGo!!
表彰台・100mトラック・幅跳びのまねごと・・・思い思いに遊んできました。
グランドレベルのレポーター.JPG 退場者の気分.JPG 
気分は中村俊輔.JPG 気分は本田圭祐.JPG
その後はいよいよ聖火台へ。
空は青いぜ.JPG
どれだけの階段を昇っただろうか・・・少し怖かったのは内緒の話(汗)
聖火台.JPG
上の写真からさらに左を見ると、この景観。
全体像.JPG
グランドも広い、この景観、深い歴史が残され、人々の記憶に刻まれ・・・
『やるからには国立へ行くぞ!』と目指したスポーツ選手・アーティストの気持ちも分かるような気がします。
5月31日(土曜)に開催される『SAYONARA 国立競技場 FINAL "FOR THE FUTURE"』を以って、
半世紀の歴史に幕を閉じ、7月からの解体工事を経て、
2019年3月を目指して、『新・国立競技場』として生まれ変わる予定です。
それにしても・・・
国立競技場は広かった
〒107-0062 東京都港区南青山2-27-18
営業時間:24時間 年中無休 Fax. 03-3497-1091

お問い合わせ・ご予約は
03-3497-0109

ご宿泊日
部屋数
ご宿泊数
宿泊人数
/ 室
 

お問い合わせ・ご予約は

03-3497-0109