東急ステイ

ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディア公式アカウントにおいては、東急ステイサービス株式会社(以下「東急ステイ」といいます)がソーシャルメディアポリシーとして、以下に定める振る舞いやマナーを遵守します。


ソーシャルメディア利用にあたっての基本原則

  1. ( 1 )ソーシャルメディアを利用して情報を発信する場合には、就業者としての自覚と責任を持ちます。
  2. ( 2 )情報発信にあたっては、個人情報保護法等の関係法令、社内規定、コンプライアンス行動基準等を遵守します。
  3. ( 3 )発信する情報は正確に記述するとともに、その内容について誤解を招かぬよう留意します。
  4. ( 4 )一度インターネット上に公開された情報は、長期にわたり広範に流布し、完全には削除出来ないことを十分に理解します。
  5. ( 5 )インターネットへの情報発信は、あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識します。
  6. ( 6 )意図せずして自らが発信した情報により他者を傷つけたり、誤解を生じさせた場合には、誠実に対応するとともに、正しく理解されるように努めます。

ソーシャルメディア利用にあたっての心構え

  1. ( 1 )相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れないこと。まずはソーシャルメディアにおいてユーザーの声を聞くこと。
  2. ( 2 )経験を通じ、学ぶこと。また、その経験を広く社内外に共有し多くの個人やコミュニティの成長に貢献すること。
  3. ( 3 )会社あるいは会社の従業員、顧客、取引先その他関係者等の秘密及び個人情報を発信しないこと。
  4. ( 4 )一人ひとりの情報発信が少なからぬ影響を持つことを十分に認識すること。
  5. ( 5 )社員とステークホルダーとがコミュニケーションを通じて絆を強くすることは、社員個人の価値を高めるだけでなく、東急ステイのブランド向上に多大な貢献をもたらす事を常に認識すること。
  6. ( 6 )日常の業務における責務を果たすこと。

お客様及び利用者の皆さまへのご案内とお願い

( 1 )ソーシャルメディアにおける東急ステイ(東急ステイ社員)からの情報発信全てが、東急ステイの公式発表・見解を必ずしも表しているものではありません。あらかじめご了承ください。正式な発表につきましては、東急ステイのWEBサイトおよびニュースリリースなどで情報発信しております。