トピックス

クリスマスローズ

 皆さん、こんにちは。

 さて、巷では、ハロウィンの狂騒も終わり、さっそくクリスマスの商戦に入っているようです。

 そこで、まだ11月で早いとは思いますが、私も、クリスマスの花の話をします。

 ①ポインセチア

 クリスマスの花というと、真っ赤なポインセチアがまず出てきます。

 確かにいかにもクリスマスという感じの花ですが、私にはどうもクリスマスの騒音だけが聞こえてきそうな花で、あまり好ましく思っておりません。

 もっと、静かにやさしいクリスマスのイメージを持つ花は、ないのでしょうか。

 ②クリスマスローズ

 こんなかわいい名前の花はいかがですか?

 もちろんそんなの知ってるという方もたくさんいらっしゃるでしょう。今日は、その花の話をさせてください。

 私が始めて、クリスマスローズに出会ったのは、隣町二子玉川の住宅街を散歩しているときでした。

 この町の家々も、素敵な庭木を多く植えていらっしゃるので、花を楽しみながらの散歩にはもってこいです。ずいぶんと以前の話しですが、静かな人が通るだけの狭い道の生垣に、ひっそりと咲いているのを、これはクリスマスローズだよと、教えてもらいました。

 ひっそり、と言うのは、花の大きさは1センチぐらいで、薄いグリーンの花だったので、緑の生垣の中で、ほんとに目立たない、見過ごしてしまいそうな花だったからです。

 あとで調べると、紫やピンクの花もあるそうですが、私にとっては、この薄いグリーンの花が、強く印象に残り、これこそクリスマスローズと、思っています。ローズと華やかな名前がついているのに、ひそやかな色合いで、素敵じゃないですか。

 ・・・・・・・クリスマスローズ:キンポウゲ科の花・・・その中でニゲルという種に付けられた名前・・・

 夏の暑い時期が苦手で、夏は半休眠状態で過ごし、秋になると活動を始めて、12月の末あたりに花を付けるのだそうです。いかにもクリスマスですよね。

 うつむき加減に下を向いて、5弁の花を咲かせます。といっても、花びらにみえるのは、実はガクで、本当の花はおしべの付け根に小さくついています。

 生垣に野生のごとく生えているばかりでは、もちろんありません。キチンと観賞用に鉢植えにもします。でも、こういうさりげない花を、道端で発見したりするとうれしいものですよね。

 ・・・(注意)広い意味では、ニゲル以外の種も同じ名前で呼ばれるそうです。2月ぐらいに花が咲きます。

 ③冬の散歩

 寒くなると、どうしても外出は控えめになってしまいがちです。

 でも、冬だからこそ、こんな寒い時期だからこそ、見ることの出来る花もあるんです。

 風をひかないように、暖かく着込んで、冬の散歩にでかけましょう。

 町のどこかで、クリスマスローズに出会えるかもしれません。寒いなか、幸せな気分になれますよ。

 

 

ちょっと遠回りの散歩道3・・・ハナミズキと谷沢川

 こんにちは、みなさん。台風が次々に襲ってきます。いかがおすごしですか?

 今日は、ハナミズキのお話です。「一青窈」さんの歌で有名な花ですが、皆さんは、実際に見たことがありますか?     ハナミズキ、この用賀近辺で、見ることができますよ。近くを流れる谷沢川に沿って、春、桜のあとに花を咲かせます。

 ①まずは、谷沢川の話から

 谷沢川、ホテルから数十メートル先に流れている川です。                                        ホテルの前の道、大山街道と交差しています。交差地点は田中橋です。

 と、言っても、実は、この川の上には、首都高が走っていて、駐輪場が川を覆っているために、見過ごしてしまうでしょう。

 と、言っても、実は、この川はとってもファンタスティックな川なんです。                                 全長は、3800メートル程の、短い川ですが、その短い間に様々な顔を見せる川なんです。

 先ずは、川の出発点ですが、ホテルから少し離れた平らな住宅街にあります。そこには、以前、湧水池があったそうです。この地は、武蔵野台地にあり、もともと、湧水が多くみられます。

 川の最初の部分は、暗渠(あんきょ)といって、蓋がされていますので、水は見ることができません。               それが、この田中橋の近辺から、開渠となり、見過ごしてしまうかもしれませが、一応は川らしくなってきます。

 この先、国道246号と交差して、中町に流れ込むと、俄然、幅も広がり、いっぱしの川に変貌します。

 そして、どんどん川らしくなりながら、等々力方面に流れ、ついには、「等々力渓谷」となります。               等々力渓谷は、23区内で唯一の渓谷で、深さは20メートルから30メートルにもなります。国分寺崖線にある、自然が豊かな、ちょっとした観光地です。

 最後に、なんと、丸子川と交差して、多摩川に流れ込んで、お終いとなります。                                すごいでしょう!!たった3800メートルの川とは、思えない変貌ぶりですよね。

 ②ハナミズキ

 この谷沢川の中町を流れる部分に、ハナミズキが植栽されています。春、花が咲いて、秋には、紅葉までするんです。

 ホテルからは、さほど遠い場所ではありませんので、ゆっくりとハナミズキの道を散歩しながら、花を観賞してみて下さい。そうか、こんな花だったのか、と、驚きの発見があるはずです。

 ハナミズキは、アメリカのワシントンなどに植栽された、日本から送られた桜のお礼に、アメリカから送られてきた花だそうで、英語名は、「DOG WOOD・・・ドッグウッド」です。 日本の花では、なかったんですね。でも、どこか、桜を思わせる風情を見せることもあるんです。

 ③一青窈さんのハナミズキ

 さて、隣町の二子玉川ですが、この町は、ハナミズキをシンボルツリーとしています。春には、「花みず木フェスティバル」が開催されます。

 ハナミズキになじみの深い町で、二子玉川の駅前にできた「二子玉川ライズS.C. 」に、ドッグウッドプラザがありす。    もう、お分かりですよね、ハナミズキのプラザです。

 有名な話ですので、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。この、ドッグウッドプラザが、一青窈さんの、ハナミズキという歌に、インスピレーションを与えたということです。興味のあるかたは、ネットで検索してみて下さい。

 

 さて、ハナミズキの花言葉は、・・・平和・・・親和・・・

 ホテルの仕事に関わる者としては、世界が平和で、様々な国の方々が、自由に好きな国を行き来できる、そんな時代であってほしいと願っています。

 

 

ちょっと遠回りの散歩道 その2

 皆様、台風が盛んに発生しておりますが、いかがおすごしですか

 今回は、先週の散歩の続きです。

 ①もっと奥に、大蔵運動公園へ

 砧公園の裏側、西門を抜けて、狭いバス通りを渡ると、広大で数々の運動施設のある、大蔵運動公園です。         先ずは、バラ園が出迎えてくれます。やっぱりバラは、花の女王ですかねぇ。色も形も異なるバラを見るのは、本当に楽しく、いつまでも飽きません。

 さて、この運動公園には、陸上競技場、テニスコート、体育館、野球場、温水の屋内プールなどがあります。          隣接していた厚生年金の運動施設も現在は、世田谷区に統合されて、益々広大になりました。                   厚生年金時代からのプールもあって、こちらは屋外で、チューブ形の滑り台が備え付けられていて、子供たちに人気です。

 筋肉トレーニングの施設もあり、天井の高い体育館なので、開放的です。以前は、プロレスラーの方々も来館していて、なかなか賑やかでした。

 ②さらに奥に、あふれる自然へ

 もっと奥へ進んで行きます。野球のグランドを回って歩くと、突然に崖の上に立つことになります。

 「国分寺崖線」といって、長年かけて多摩川が作り上げてきた自然の造形です。                            ここだけでなく、もっと川下の上野毛あたりも、田園調布のあたりも、多摩川に向かう急な崖、坂道に、雑木林が自然のままに残されていて、緑と親しむには、最高の散歩道です。

 木が生い茂る狭くて急な坂道。坂の下は、ここは東京だったっけ、と、思わず言ってしまいそうな田舎の景色。道も所々がせまくなっていて、車も交代で譲り合わなければ、走れません。

 湧き水があって、小さな流れになって、崖下には、丸子川があります。                                     ここまでくると、本当に遠回りになってしまうので、お話だけ。                                     

 水がきれいなので、以前はクレソンが群生していました。クレソン、知ってますよね?肉料理に一房添えてある、あれです。私たちが摘んでいるのを、近所の人が何だろうと不思議そうに見るので、クレソンですよと教えてあげると、驚いていました。まさか、こんな身近にあるなんて。                                                                そのクレソン、近所におすそ分けしても山盛りで、贅沢に炒め物にして、食べました。

 ③自然に溶け込んで

 高架で走っている東名高速も、ここでは、切り通しになっていて、目の下を車が通り過ぎて行きます。                                      グランド橋がありますので、渡ってみましょう。東名高速が多摩の丘に吸い込まれていきます。その向こうには丹沢の山々が見えて、そして、一際大きく、富士山がそびえています。

 季節が合えば、夕日が富士山の後ろに沈んでいくのが見れます。広がる雲が、色を変えながらゆっくり流れます。 時間を忘れて見入ってしまう程に、美しい夕焼けです。

 

 と、気がつけば薄暗くなっていて、帰りはどうしようと、不安になるかもしれません。

 でも、心配しないで下さい。当ホテルの隣に建っている高層のSBSビルが、だいたいどこからでも見えると思いますよ。そこを目指して歩いてくれば、安らぎのホテルに帰って来る事ができますから。

 そうそう、ひとつ、忘れていました。一番身近な、ホテルの前の街路樹は、サルスベリ、です。夏のこの時期、紫がかったピンクの花が咲き誇っています。

 

ちょっと遠回りの散歩道 1

  皆さん、こんにちは。

  もしも用賀店に宿泊して、少し時間があるようなら、散歩はいかがですか?

  花を好きな人はたくさんいますよね。

  ①先ずは、砧公園に向かいましょう

  用賀の駅(ということは、当ホテルのとなり)から、砧公園には、「いらかみち」をたどります。案内板がありますから、迷いませんよ。

  道は、水の流れを配置して、足元には、百人一首が書き込まれて、公園まで案内してくれます。この道に、すでに多くの草花が植えられています。この時期は、まだ青々としたカエデが涼しげです。                               ・・・カエデ・・・・モミジ・・・違いは何だっけなんて、思わず立ち止まってしまいます。

  用賀の町は、古くから開発されて、道は碁盤の目のように整然とできています。「いらかみち」も、いくつもの交差する道を渡り、その度に、どんなところかなと覗き込んでいると、あっちにもこっちにも行ってみたくなるでしょう。                お花屋さんのようで、喫茶店のようで、思わず誘われてしまうお店も登場します。

  と、突然に車の騒音が聞こえてきて、環状8号線に突き当たります。この道の向こうが、広々とした公園です。

  ②ちょっと寄り道:西用賀通り

  「いらかみち」と交差する道のひとつに、「西用賀通り」があります。

  首都高速から、世田谷通りに面した関東中央病院までの、1キロちょっとの道です。ここは、とにかく桜の木が見事です。道に覆いかぶさるように桜がアーチを作って、えんえんと続いています。

  桜の花の時期は、もちろんメルヘンの世界です。この夏の時期も、生い茂った葉っぱのアーチが素敵ですし、秋になれば、紅葉した桜の葉がまたまた見ごろです。

  寄り道の寄り道情報。もう解散しましたが、有名な美人女性デュオのお一人が、この桜並木に魅せられて、用賀に住むことにしたと、あるときTVで話していました。

  ③さて、砧公園に入ります。

  砧公園は、美術館や結婚式の出来る場所もあり、一回りするだけで1時間はゆうにかかり、四季折々の花を見ることができます。

  野草園では、ニリンソウ、カタクリ、なんて小さくて可憐な花にも出会えます。

  そして、なんといっても、桜です。こんなに高いのって驚くほどの、桜のドーム。 お花見で座った地面すれすれまで伸びた枝。桜の方から、見る人に近づいてくるって感じです。                                                 ソメイヨシノはもちろん、白っぽい花のオオシマザクラ、濃い目のピンクのシダレザクラ。美しさに圧倒されっぱなしの桜の森です。

 

  世田谷区、用賀は住宅街から川沿いから、花があふれています。どんな時期でも、話題には、事欠きません。                                時間が許すなら、用賀で、花々に癒されてみるのは、どうでしょう。

  次回の話は、砧公園からもっと先、ディープな散歩に遠回りしましょう。

 

 

ホテルの予約・お問い合わせ

お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。

【東急ステイ用賀】
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-4-1

TEL.03-5620-0109

営業時間:24時間 年中無休
Fax. 03-5716-1099

  • インターネット予約
  • お問い合わせ

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。

携帯サイトから予約

QRコード