スタッフブログ

門前仲町のおすすめ情報をお伝えいたします。

2016/03/17

亀戸天神社2~境内散策編

とにかく最近寒かったですよね(><)  この寒さですが寒がりの私の体にはかなりこたえましたが、ようやく少しずつ暖かくなってきた感じがいたします。

さて今回は前回に続き「亀戸天神社」の話題でございまして、先日こちらで開催されております「梅まつり」を堪能した後にしばらく境内を散策いたしました。
 
「亀戸天神社」は谷保天満宮、湯島天満宮と共に「江戸三大天神」と言われていて、学問の神様として親しまれています。


亀戸天神社散策1.jpg大鳥居を入り太鼓橋を通りきって少し歩きますと、正面に荘厳な亀戸天神社の本殿が正面にど~んと見えてまいりました。


亀戸天神社散策2.jpg本殿に向かって右手にある手水舎で手を清め本殿に参拝をさせていただきました。
この手水舎のまわりを見ると「亀戸」にちなんででしょうか?亀のオブジェが置かれておりました。


亀戸天神社散策3.jpg
参拝の後、本殿に向かって左手には立派な「牛の像」が目に飛び込んできました。

この像は「神牛」と呼ばれており、参拝者が体の悪い所を交互にさすると治ると言われているそうです。








 


亀戸天神社散策5.jpg
昨年、北陸新幹線の開通で話題になりました石川県金沢市ですが、金沢と言えば兼六園、兼六園と言えば有名な琴柱灯籠(琴の弦を支える琴柱に形が似ていることからこの名前がついたそうです)でございますよね。

ここ「亀戸天神社」の太鼓橋(女橋)の左手前にも琴柱灯籠がございますが、兼六園のものに比べてかなり大きいです。雪吊りはないのですが、雪の日にこちらの境内に行くと兼六園にいるのではと錯覚してしまうかも知れません。




亀戸天神社散策4.jpg
境内の中には沢山の石碑がございましたが、太鼓橋(男橋)を渡って右手に松尾芭蕉の句碑を見つけました。江東区は松尾芭蕉のゆかりの地。亀戸でも芭蕉の句碑を見つけ感激いたしました。「しばらくは花の上なる月夜哉」という句が案内板に書かれており、これは芭蕉が吉野に旅したときに詠んだ句だそうです。石碑には芭蕉の門人の句が6句刻まれておりました。
 






亀戸天神社散策6.jpg
太鼓橋(男橋)を違うところから撮影してみました!! 赤いアーチ型の橋の全景を見ると、自然と葛飾北斎や歌川広重の錦絵が頭に浮かんできます。



亀戸天神社散策7.jpg
 本殿に向かって右手から本殿をカメラで撮影いたしますと、本殿とその後ろの見える東京スカイツリーをバッチリカメラにおさめることができます。伝統的な神社仏閣の景観と超現代的なハイテクタワーとのコントラストは何とも言えないほど素晴らしいです。


4月下旬にはこちらの境内で「藤まつり」が開催されますので是非参加させていただきたいと思います。


          ★★★  当ホテルから「亀戸天神社」までの行き方でございますが★★★

門前仲町駅→清澄白河駅(都営地下鉄大江戸線で約3 分)
清澄白河駅→錦糸町駅(東京メトロ半蔵門線で約10分)
錦糸町北口より徒歩15分
四ツ目通りを北に向かい、蔵前橋通りを右へ折れるとすぐです。
                                          

 
かなり重症な方向オンチの私は錦糸町で四ツ目通りが見つけられず、錦糸町駅から線路沿いに亀戸駅方面にいってしまい、迷子になりかけながらかなり遠回りをしながらやっと境内にたどり着いたという感じです。(30分以上かかったかも?)(^~^;)

(方向オンチがすこしでも治るように神牛にお祈りすればよかったです!!)



 
Access to the Kameido Tenjin Shrine from Tokyustay Monzen-nakacho

Monzen-nakacho Station→Kiyosumi Shirakawa Station (approximately 3 minutes by Oedo Line)
Kiyosumi Shirakawa Station→Kinshicyou Station (approximately 10 minutes by Hanzomon Line)
It is a 15 minute walk from the North Exit at Kinsicyou Station.
Go north on Yotsume Dori street and turn right on Kuramaebashi Dori street and it is very near. 


 


                                                                                             
                                                                 本日のブロガー:umechan-manでございました。

2016/03/06

亀戸天神社1~「梅まつり」編

3月が始まったばかりなのに、春本場のような陽気が続いておりますよね。今年は全国的にこの時期としてはかなり暖かいようで寒がりの私としてはありがたい限りなのですが、朝晩はまだまだ冷え込みますので、皆様体調管理はしっかりしていただきたいと思います。

 
さて、このお出かけ日和に誘われて亀戸にございます「亀戸天神社」にお邪魔させていただきました。こちらでは現在「梅まつり」(平成28年2月13日~3月13日)が行われておりまして、この時期の風物詩である梅を存分に楽しませていただきました。今回、私umechan-manがその様子をこのブログでしっかりお届けしたいと思います。

亀戸天神社梅まつり1.jpg「亀戸天神社」に到着して大鳥居をくぐりますと、正面には九州大宰府天満宮にならって造られたという太鼓橋(男橋)という赤いアーチ状の橋が見えてまいります。このアーチ状の橋は江戸時代の浮世絵師、葛飾北斎や歌川広重によって描かれておりますよね。個人的には、歌川広重の名所絵「名所江戸百景・亀戸天神境内」で描かれている橋が印象的でございます。


亀戸天神社梅まつり2.jpgその橋に登ってゆきますと、前方に平橋という橋、そしてもう一つのアーチ状の橋である太鼓橋(女橋)、そしてその先には本殿が見え、視界の両サイドには梅の花で埋め尽くされている素晴らしい景色が広がっています。


亀戸天神社梅まつり3.jpg

橋の上から下の池を見下ろすと、池の中にいる何匹かの亀を発見!! 


亀戸天神社梅まつり4.jpg
 
亀戸から東京スカイツリーのある押上までは約1km。そのため梅の木の後ろには巨大な東京スカイツリーをバッチリ見ることができますよ。
 

亀戸天神社梅まつり5.jpg違う方向から太鼓橋(男橋)を撮影しました。美しい梅の後ろに見える太鼓橋はかなり絵になっています。


亀戸天神社梅まつり6.jpg
 

                                                     亀戸天神社梅まつり7.jpg

亀戸天神社では菅原道真公が祀られており、道真公が特に梅の花を好まれていたため境内には300本を超える梅が植えられていて、目を楽しませてくれました。その他、4月下旬は「藤まつり」10月は「菊まつり」が有名ですので是非素晴らしい花の祭典を堪能してみては如何ですか?


亀戸天神社梅まつり8.jpg本殿前に到着すると手前の満開の梅が目に飛び込んできまして、美しい梅を堪能しながら本殿に参拝をさせていただいた後、神社の境内をしばらく散策させていただきました。その模様を次回のブログで紹介させていただきます。



"Kameido Tenjin Shrine~Ume (Plum) Festival"
 
It is unseasonably warm for this time of year - it feels like April!
 
The Ume (Plum) Festival is being held in Kameido Tenjin Shrine from Feb.13 2016 to Mar.13 2016.

There are approximately 300 plum trees at the Shrine and the plum trees are in full bloom now.  When I went there, I enjoyed seeing lots of such beautiful blossoms.  There are three bridges to the main building of the Shrine.  These bridges were painted by the Edo era's famous Ukiyoe artists, Katsushika Hokusai and Utagawa Hiroshige.  I felt that that the best spot to see the plum blossoms is from the bridge.
 
Kameido Tenjin Shrine is also famous for its Fuji (Wisteria) Festival in the latter half of April, and the Kiku (Chrysanthemum) Festival in October.  If you have a chance, please do go to enjoy the plum blossoms at the Kameido Tenjin Shrine. 

 

                               


                                                                   本日のブロガー:umechan-manでございました

2016/02/26

永代橋の上から見える橋~豊海橋

最近ここ東京では暖かかったり、寒かったりとジグザグな気温の日が多いですが、皆様の地域では如何でございますか?風邪などもはやっているようですので、お身体には十分お気を付けくださいませ。
 
先日、まるで春のような陽気に誘われて、久しぶりに当ホテルから徒歩で約10分程のところにございます永代橋近辺を散策いたしました。


豊海橋1.jpg永代橋は隅田川の上を江東区と中央区の間に架っておりますが、中央区に向かって橋の右側を歩いておりますと、ななめ右手あたりに白っぽい「豊海橋」が見えてまいりました。



                               豊海橋3.jpg

    豊海橋2.jpg
 永代橋を中央区側に渡りきって一つ目の角を右手に折れますと、「豊海橋」に関する案内板が右手に見えてまいります。 


この橋は元禄11年(1698年)に創架され、その後何回も新しいものに架けかえられ現在に至っています。なんといっても梯子を横に倒したような形が印象的でございますよね。現在では中央区民有形文化財に指定されています。


                               豊海橋4.jpg

そして正面は「豊海橋」の入り口になりますので橋を渡ってゆくと、視界の右手に永代橋が現れました。その橋の上からの永代橋の眺めは初めてなので、いつもとは違う角度からの橋の不思議な雰囲気が漂ってきます。


  豊海橋5.jpg



豊海橋6.jpgそして橋を渡りきった所が小さな公園のようになっており、そこからが「隅田川テラス」の入り口になります。その場所から隅田川下流方面をバックに「永代橋」をバッチリ見ることができますよ。(隅田川に架かる永代橋の全景を写真におさめるには、なかなかいいスポットなのではと思ってしまいました)
 



                               豊海橋7.jpg

   豊海橋8.jpg

「豊海橋」は日本橋川の最下流に架っておりまして、日本橋川はここで隅田川に合流しています。江戸時代にはこの橋のたもとに舟番所があり、ここを経由して日本橋の魚河岸に魚が運ばれていたそうです。
そのため、この橋は時代劇の舞台にもなっており、映画やドラマのロケ地としても有名です。




そして皆様お待たせいたしました~♪ 突然でございますが、久しぶりにこのブログ恒例の橋のライトアップバージョンをお届けしたいと思います。このブログで紹介した橋のライトアップは永代橋、清洲橋、新大橋、萬年橋、レインボーブリッジと数知れず・・・


   豊海橋ライトアップ1.jpg

                                             豊海橋ライトアップ2.jpg                 豊海橋ライトアップ3.jpg
永代橋を江東区側から中央区側に移動しながら右手を見ると、オフィス街にちりばめられた真珠のようなネオンの中に白くライトアップされた豊海橋が浮かんでいるようです~♪ まるで梯子を横にしたような美しい形が真珠のようなネオンをバックにひときは際立っておりました。



☆☆☆
当ホテルから「豊海橋」までの行き方ですが、ホテルのお客様に当ホテル近辺の案内をさせていただく時には必ずというほどランドマークとして利用させていただいております(ホテルマン冥利に尽きます!!)「永代通りを日本橋方面に約10分歩き、正面にございます「永代橋」を渡りきってから一つ目の角を右に折れれば、「豊海橋」が見えてまいります
                                                        ☆☆☆



"TOYOMI BRIDGE"


This time I would like to introduce the "Toyomi Bridge" bridge.  We can see this bridge from the right side of the Eitai Bridge that is about 10 minutes on foot from Tokyustay Monzen-nakacho.  The white shape is like a ladder that is standing on its side, and this is very impressive. 
 
This bridge was originally built in 1698 and rebuilt many times afterward. The Toyomi Bridge is built downstream of Nihonbashi River, the place where this river combines with the Sumida River. 
 
It may be interesting for visitors at Tokyostay to go and see this bridge.  



                                
                     本日のブロガー:Baicoochanでございました。

2016/02/14

富岡八幡宮節分祭2016Part2~豆まき式編

 節分も終わり現在暦の上では春ということでございますが、本日は一時的に春を通り越してまるで夏のような汗ばむ陽気になりました~。しかしこれからまだまだ寒い日が続くと思われますが、以前に比べて日照時間が長くなってきたように感じませんか?少しづつではありますが春の気配を感じられるようになった今日この頃、皆様如何お過ごしでございますか?


 さて、前回は当ホテル横にございます「富岡八幡宮」でとりおこなわれました「節分祭」の富くじ配布の模様をお届けいたしましたが、今回はその続編ということでその後にこの神社の境内でとりおこなわれました「豆まき式」の話題をお届けしたいと思います。

 

節分祭2016行進3.jpgのサムネール画像

 

富くじの配布が終わり午後3時30分から年男、年女の参進の時間となり、大鳥居の方から本殿に向かって神職そしてその後に続きゲストとしてこの豆まきに参加する著名人の方々が、参道を参進してくるのが見えてきました。普段テレビで観慣れている著名人の顔が突然目の前に現れ、少し不思議な感じが・・・皆、豆まき用の和装で自分の名前の書かれた提灯をもっていました。

 

                                                          節分祭2016行進4.jpgのサムネール画像

 

   節分祭2016行進.jpg

 

 神職と著名人の方々はひとまず本殿に行った後、そこから設置されている特設ステージにのぼり自分の名前の提灯を取り付け初めました。

 

節分祭2016お祓い.jpg  「豆まき式」がとりおこなわれる前に、特設ステージの上から神職によるお祓いがございました。今年は「豆まき式」の様子をカメラにおさめるのに専念しようと思っていて、人混みを離れあまり人がいないスペースにさがろうとしたのですが・・・あまりにも多くの人がすでに境内の特設ステージの周りを埋め尽くしており、もはやそこから抜け出すことができなくなり、持参した紙袋で著名人がまいてくださる豆をキャッチすることに専念しようと決意!!  しかし、特設ステージが実際立っている場所から目と鼻の先だったため、今年は信じられないくらい大変な目にあおうとは・・・・
 

 

 

                                                                    節分祭2016豆まき直前.jpg節分祭2016豆まき.jpg

 ☆そして、約15分遅れで著名人による「豆まき式」が始まりました☆
 
最初、お目当ての著名人がまいてくださる豆をがっつりと紙袋の中に受け止めようとかなりテンションも高めで始まった「豆まき式」でございましたが、その内かなりの数の豆が頭の真上にビーンシャワーのように直撃するようになり・・・痛~い(^~^;)

どこから飛んでくるともわからない豆の嵐に恐怖で一瞬その場で固まってしまうことも・・・最後に「豆まき式」のクライマックスをむかえますと、豆が少しでも頭にあたらないように紙袋を常に高く掲げ応戦。紙袋に沢山の豆が入っているだろうという感覚だけが唯一の救いでございました。
 

 

節分祭2016豆.jpgのサムネール画像

 

しかし・・・「豆まき式」が終り実際紙袋に入っている豆の数を確認しますと・・・想像よりもかなり少なめでございました。ふと横にいた数人の透明なビニール袋を見るとかなりの数の豆が入っているではありませんか。豆を多くゲットできるこつでもあるのでしょうか?

節分には自分の年齢の数の豆、または年齢の数+1の豆を食べるのがいいとされているようなので、一応その数はなんとかクリアーしたものの、その2倍ぐらいの数の豆が紙袋に入っていると信じていたのに・・・ちょっとショックです。
 

節分祭2016富くじ抽選会.jpg  ☆「豆まき式」の後は待ちに待った富くじの当選発表がありました☆


特設ステージの上で関係者の人が当選番号を読み上げていきます。
1等のハワイ旅行をはじめ、国内旅行その他豪華景品があたるので私を含め参加者たちの期待もかなり大きかったようで・・・当選番号が読み上げられるたびに皆食い入るように富くじの番号を見入っていました。
 
その結果・・・紙袋の中にゲットした豆の数は少なくても、タダでハワイに行けなくても、今年もこの「節分祭」に参加させていただき大変楽しかったです!!
 
富岡八幡宮の「節分祭」は節分の風物詩になっておりますので、この時期に当ホテルをご利用のお客様は是非このお祭りに参加してみては如何ですか?
 


 

Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2016 ~Tomioka Hachiman Shrine

 

Setsubun is one day before the beginning of spring (February 3rd).  A Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2016 was held at Tomioka Hachiman Shrine. 
 
Celebrities holding paper lanterns with their names approached the main building of the Shrine and installed the lanterns on the handrail on the special stage.
Before the Ceremony, a Shinto priest expelled evil from visitors from a special stage. 
 
The Bean Scattering Ceremony started from 4:30pm. 
Celebrities visit the Shrine as guests began to scatter beans from a special stage to visitors for this ceremony.  Visitors concentrated to receive the beans with their paper bags that the celebrities were scattering.  Since I couldn't get lots of beans as I had expected, it was regrettable.
 
After the Bean Scattering Ceremony, raffle drawings were held.  If we win, we can get luxury gifts including a free ticket to Hawaii, free domestic travel tickets, etc.  The winning number was read and the winners went up to a special stage. 
 
A Setsubun Festival at Tomioka Hachiman Shrine is one of the most exciting festivals this season.  If you stay at our hotel this season, why don't you join this festival?  You may be able to get a free ticket to Hawaii.
 
Please make reservations here!! 
 

                        

                  本日のブロガー:BAI-COO-CHANでございました(^〇^)

 

2016/02/07

富岡八幡宮節分祭2016Part1~富くじ配布編

ここ東京では毎日寒い日が続いておりますが、皆様の地域では如何でございますか?この寒さで体調を崩されないようにくれぐれもお気を付けくださいませ。

 

さて、2月3日節分の日に当ホテルの横にございます富岡八幡宮境内で「節分祭豆まき式」がとりおこなわれました。
 

節分祭2016豆まき式看板.jpg

 

富岡八幡宮の「節分祭」の特徴は、富くじの抽選で無料のハワイ旅行やその他豪華景品が当たるかもしれないということと、豪華な顔ぶれの著名人が特設ステージから豆をまいてくださるということです。富くじの配布が午後2時から、そして豆まき式が午後4時15分からだったのですが、以前からとりあえず豆まき式だけ参加しようと決めていたのですが、当日気がつくと、富くじを求める行列にしっかり並んでいる自分が少し怖かったです(^~^;)

 

 

  節分祭2016富くじ配布所.jpg    節分祭2016富くじ列.jpg

 富くじ配布の10分ぐらい前に富岡八幡宮に到着~。

するとすでに長蛇の列ができているではありませんか!! そしてすでに富くじの配布が始まっているようでした。
その列は去年の2倍はあるのではと思うほど今年は長かったです。(富くじの配布所から境内の外まで300人ぐらいの人が並んでおり、約200メートルぐらいの長さの行列ができておりました)

 

 

  節分祭2016伊能忠敬像.jpg   

節分祭2016大鳥居.jpg

 

富くじの列に並び富岡八幡宮の大鳥居を入ると、左手にこのブログでも以前とりあげさせていただきました伊能忠敬像が見えてまいります。忠敬像の方向に目をやると、我々が並んでいる長蛇の列をじっと観ている感じなのですが、この行列を観て何を思っていらっしゃるのでしょうか?

きっと、「すいぶん平和な時代になったものだ」とでも思っていらっしゃるように感じてしまいました。

 

 節分祭2016富くじ.jpg

がんばって長蛇の列に並んだ結果、数枚の富くじをゲットいたしました~。 毎年どれくらいの数の富くじを配布しているのか気になるところではございますが・・・・・

 

 

 

     節分祭2016行進1.jpg

 

午後3時30分から年男、年女の参進となり豆をまいてくださるゲストの著名人の方々が自分の名前の提灯を持ち、神職の後に続き本殿の方へ向ってきます。

 

 

その後午後4時15分から豆まき式がとりおこなわれました。

 

その様子は次回のブログでお届けしたいと思います。

 


 

 

 

 

 

Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2016 ~Tomioka Hachiman Shrine
 

 

Setsubun is one day before the beginning of spring (February 3rd).  A Setsubun Festival (Bean Scattering Ceremony) 2016 was held at Tomioka Hachiman Shrine.  Before the Bean Scattering Ceremony, they had raffle drawings. I waited in a long line to get some raffle drawings  After the ceremony, there are lot of raffle drawings, and if we win, we can get luxury gifts including a free ticket to Hawaii, free domestic travel tickets, etc. 
There were approximately 300 people in the line to get raffle drawings.  The length of the line was about 200 meters long.  I could get some drawings and expected to win the raffle after the ceremony.
 
Celebrities came by and visited as guests and started towards the main building of the Shrine from 3:30 pm. After a while, the Bean Scattering Ceremony started. 
 
To be continued in my next sequel. 


 Please make reservations here!! 

 

                           

                  本日のブロガー: BAI-COO-CHANでございました(^〇^)

ホテルの予約・お問い合わせ

お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ。

【東急ステイ門前仲町】

TEL.03-5620-0109

営業時間:24時間 年中無休

  • インターネット予約
  • お問い合わせ

お知らせ

予約の変更・会員登録

  • 予約確認・変更・キャンセル
  • 新規会員登録
  • ID・パスワードお問い合わせ

お問い合わせ

TOKYU STAY MOVIE

東急ステイ公式Facebook

リムジンバスのご案内

最安値宣言 当HPからのご予約が一番お得です。

携帯サイトから予約

QRコード